豪ドル(為替)のスワップ金利は半年間積立でいくら貯まった?

aud-cost-averaging-20151024

2015年4月に「豪ドルコスト平均法積立投資」を開始してから半年が経過しました。これは、週に1回(毎週水曜日)、豪ドル円通貨ペアを10,000円分ずつ購入していくという企画です(積立ルールなどの詳細は初回の下記記事をご覧ください)。

一定量を時間分散して購入するため、ドルコスト平均法の恩恵が受けられます。

By: Miran  RijavecSBI FXトレードで「豪ドルコスト平均法による長期積立投資」を始めます
本日より、以前のブログでも行っていた「豪ドルコスト平均法積立投資」を始めます。FXの「豪ドル円」通貨ペアで「ドルコスト平均法」に...

当初は毎月月初に報告していこうと考えていましたが、ブログで毎月のように報告をしても、あまり変化もないしおもしろくないなと思い、結局随分寝かせました(笑

さて、豪ドル円通貨ペアをドルコスト平均法で半年間積立をして、現在の状況はどうなったでしょうか?

スポンサーリンク

 

豪ドル(為替)積立の推移

現時点までで「21回」購入

豪ドルコスト平均法積立経過(2015年10月24日時点)
日付 建玉数量 平均約定価格 スワップ
4/1 109通貨 91.3826円 116円
4/8 109通貨 91.8713円 114円
4/15 110通貨 90.8581円 111円
4/22 108通貨 92.9233円 105円
6/10 105通貨 94.8408円 74円
7/1 106通貨 94.5492円 63円
7/8 110通貨 90.7633円 60円
7/15 108通貨 92.2275円 55円
7/22 109通貨 91.6692円 51円
7/29 111通貨 90.4077円 48円
8/5 109通貨 91.6916円 43円
8/19 109通貨 91.3788円 35円
8/26 118通貨 85.0822円 34円
9/2 118通貨 84.4432円 31円
9/9 118通貨 84.9174円 27円
9/16 117通貨 85.7563円 23円
9/23 118通貨 84.6563円 19円
9/30 119通貨 84.1453円 15円
10/7 115通貨 86.6936円 10円
10/14 116通貨 86.4684円 6円
10/21 115通貨 86.6481円 2円
  • 建玉数量 : 2,357通貨
  • 平均約定価格 : 89.0694円
  • 評価損益 : -3,495円
  • スワップ : 1,052円
aud-cost-averaging-20151024

週に1回ペースでコツコツと購入してきました。当初決めたルール通りに積立をしていますが、8月の旅行中に一度だけ購入するのを忘れました;

建玉数量は2,357通貨

SBI FXトレードは1通貨から取引が可能なため、外為オンラインなど10,000通貨からしか取引できないFX会社を利用されている方には「2,357通貨」といっても、あまりピンとこないかもしれません。2,357通貨というのは外為オンラインであれば「0.23枚」に相当します。

そうです、2,357通貨というのはたいした枚数ではありません。今の状況下でまたリーマンショック級のリスクオフがやってきて、一気に30円豪ドル安円高に振れたとしても、評価損失額は-74,205円です。痛いといえば痛いですが、リーマンショック級の下げでこの程度の含み損です。

豪ドル高牽制 & チャイナショック

4月に積立開始した当初は為替レートが95円付近をうろついていましたが、オーストラリア準備銀行(RBA)のグレン・スティーブンス総裁による度重なる豪ドル高牽制により、じわじわと豪ドル安円高に。

そして、夏場はギリシャショックおよびチャイナショックによるリスクオフ相場がつづき、豪ドル安円高がさらに進行。

結局、ここ最近は80円台半ば付近での購入が多く、じわじわと平均約定単価が下がっている状況です。購入額を一定としたドルコスト平均法で購入しているので、豪ドルが安くなれば枚数を増やし、豪ドルが高くなれば枚数を増やして買っています。

ノンストレス

この豪ドルコスト平均法積立投資の最大のメリットはポジションを持ち越ししてもストレスがまったくないことです。むしろ、ポジションを保有しているのを忘れるレベルです。

資金量は人によってちがうため一概にはいえないところですが、わたしの場合はFXで100,000通貨以上のポジションを持ち越し(特に週末)するとストレスになります(とはいえ、最近はポジションを持ち越すということはほとんどしていませんし、持ち越しをしても必ずストップロスの逆指値を入れています)。

通常は、ポジションを持ったままだとうまく寝つけず、睡眠不足になったりもしますよね。そういうのもない。

10年後に年間9万円弱の金利収入

半年で積み立てた通貨数が2,357通貨ですから、この調子でいっても、1年で5,000通貨、10年で50,000通貨です。

オーストラリアと日本の金利差が逆転していないのが大前提ではありますが、現在の金利差が10年後も同じだとすると、10年後には1日250円のスワップ×365日=年間約9万円弱の金利収入を得られるようになります。もちろん、それまでに蓄積されるスワップもあります。

デメリットは?

toy-930612_640

デメリットは週に1回購入をする必要があるということです。人によっては、面倒な作業と感じるかもしれません。

また、急落した場面で拾いたいと思っても買えません。たとえばチャイナショックで急落したときの82円台とかでは、購入できていません。結局、「水曜日に購入」というルールなので、「あ、これ安いな、拾いたいな」と自分自身が思っても、購入できないということですね。

しかし、この点については逆に「個人の感情を排除して機械的にできる」という意味において考えると、メリットともいえます。結局、投資(投機)の世界では「いや、ここで反転するはずだ」「70円台まで下がるはずがない」といった個人的な感情が邪魔をすることで、正解(チャートがすべて正解)から乖離し、損失が膨らんでいき、破滅へつながります。少なくとも、2010年のギリシャショックの時のわたしはそうでした。

euro-373008_640株式投資やFXは若い時に始めて失敗をした方が良いと思う理由
わたしが株やFXなどの投資(および投機)を始めたのは2009年(24才の頃)のことで、2015年で彼これ7年目(現在30才)に突入しております...

 

まとめ

リスクのない投資(投機)はないのでノーリスクとは言いませんが、FXにしてはかなり低リスクの運用法のひとつだと思います。あとは、当初決めたルールを変更したりしないかがカギ。

今後も、個人的な感情は排除し、ロボットのようにコツコツと購入していきます。また、ご報告します。

By: Miran  RijavecSBI FXトレードで「豪ドルコスト平均法による長期積立投資」を始めます
本日より、以前のブログでも行っていた「豪ドルコスト平均法積立投資」を始めます。FXの「豪ドル円」通貨ペアで「ドルコスト平均法」に...
mixture-69523_1280FX歴7年の投機家が初心者におすすめのFX会社を比較してみる
株・FXなどのお金関連の記事で始まったこのブログですが、いよいよテーマがごちゃ混ぜになってきました。ひさしぶりに、FXの話を書いて...
aud-cost-averaging-20151024

2 件のコメント

  • こんばんは。
    記事を興味深く、読ませて頂きました。
    私も近い投資方法をしており、

    月に1度入金、購入
    決まった銘柄しか買わない
    銘柄はインディックスETFのみ
    東証指数、MSCI指数のみ
    豪ドル1000通貨を月に一度購入
    レバは必ず1.5倍から2倍
    必要な時以外は現金化しない
    利益確定売りはしない

    という、ルールでしております。
    現状は、500円くらいの利益なので、
    まだまだですが、1年後には
    スワップでの株購入(複利運用)が
    出来そうです。

    ただ、気になったのはSBIを選んで
    いる事です。
    私は、カブドットコムですが、SBIは
    利益確定しなくても含み益で税金が
    掛かると思います。
    カブドットコムは利益確定後なので、
    税金分運用利益が落ちる可能性があります。
    (間違ったらすいません)

    とりあえず、お互いに運用の成功が
    出来るように、頑張りましょう。

  • 多村さん、はじめまして、こんにちは!

    多村さんもマイルールを決めて運用されていらっしゃるんですね。ルールを決めてコツコツ運用することで、自分の感情が入らないですし、突如レバレッジを上げてF1カーを運転したりもしないので;「マイルールを策定し守る」というのは、非常に重要だと感じています。

    FX専門業者である「SBI FXトレード」の場合は、含み益には課税されなかったと…思います。しかし、SBI証券のコンテンツのひとつである「SBI FX α」は、毎日利益が確定されてしまうため、多村さんのおっしゃられる通り、税金分運用効率が落ちることになりますね。

    カブドットコム証券FXは含み益に課税されませんか。そうすると、保有株式を担保にしてFXをする株券担保サービスの場合、SBI証券よりもカブドットコム証券の方が有利ですねー!
    わたしは、SBI証券で購入した株式を担保にFXで中長期運用をしていますが、カブドットコム証券にしておけばよかった…;

    ええ、コツコツ運用してお互いがんばりましょう^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA