本当に大企業に転職することは安定なのか?という疑問

https---www.pakutaso.com-assets_c-2011-10-PPG_uturonahyoujyounopanda500-thumb-1000xauto-862

4月1日より、人生ではじめての失業状態となりました。現在は、給与も賞与もない、完全な無給状態ということになります。

もちろん、貯蓄がまったくないわけではないですし、これから退職金が入る予定ではありますが、不安定な状況なのは間違いありません。

現在の転職活動状況は、一社受けて二次面接で落選したところですね。ということで、まったく順調ではありません。

スポンサーリンク

 

本当に大企業への「転職」は安定なのか?という疑問

そのような状況の中で大企業に「就職」することが安定なのか?という素朴な疑問を抱いている自分もいます。

ピラミッド構造になっておりポストが足りない

これはホリエモンがよく言っている話ですが、大企業の人口ピラミッドは完全に上のポストが不足しており、詰まっている状態です。

この状況を打開するには、

  1. 会社員という組織の中で新たなビジネスモデルや事業を作ってポストを作るか
  2. 誰かを蹴落とすか

しかありません。

しかし、1番と2番でどちらが容易かといえば2番の「誰かを蹴落とす」になります。

実際に、わたしの最後の上司は、ひとつ上のポストの人間に加え、同レベルのポストの人間を、周りに悪い噂を流しながら、完全に蹴落としまくっていました。

ピラミッド構造の組織の中に属している場合、仮に自分が前を向いて仕事をしていても、上昇志向が強く、人を蹴落としても上がりたいという人間が出てくるため、まったく安定しません

むしろ、上に上がれば上がるほど敵が増えてくるばかりです。

これまで安定されていたものは安定ではなかった

わたしが会社を辞めた理由のひとつに別の上司が「懲戒解雇」されたという点があります。

わたしは探偵でもありませんし「真実」は分かりませんが、様々な状況から鑑み、気に入らない連中が嘘をでっちあげ「懲戒解雇」に持ちこんだと思っています。

そしてこの出来事で「これまで安定とされていたものが安定ではなかった」というのを痛感しましたね。

学生時代は、経常利益が黒字で、成長をしていて、大企業で、安定していて…という「なんとなくの思考で」就職活動をしていましたが、本当の安定とは何なんだ?という根本的な疑問にぶち当たっています。

絶対に正社員という考え方は「ない」

「ひとつの会社に勤めてて、切られたら、収入も厳しいし、精神的にも厳しいでしょう?ていうのは、僕、すごく、働き方のあり方で、なんか、みんな絶対間違いだと思うんだけど、正社員志向みたいのあるじゃないですか。ぜっっったい!正社員とかならない方がいいよ!

引用元:堀江貴文のQ&A vol.394~安定の鍵は掛け持ち!?~|ホリエモンチャンネル

もちろん、人によって性格や向き不向きもあるので、ひとつの会社に属するのはリスク…とまでは言いません。

しかし、「収入源をひとつだけに頼るのではなく、複数確保しておく」というのは、資産運用のリスク分散にも共通する部分があります。

 

「個人」の力を磨くべきか?

システム・ブランド力・看板で稼いでいただけ

これまで勤めていた会社には、それまで大勢の人が組織で働いて培ってきた「ブランド力」や「看板」、そして数少ない人間が考えた「システム」がありました。

そのシステムやブランド力・看板を活かしながら、営業活動をし、収益をあげ、一部を給与や賞与として還元を受けていました。

しかし、そのシステムやブランド力・看板を失った状態でビジネスをしたらどうなのか?正直、わたしだけでなく、前職のほとんどの人間が、困窮状態に陥ると思います。

仮に、自身が属している企業に完全に依存(頼り切った)した状態で外に放り出された時、通用するのか?何ができるのか?と考えた時に、何もできないという自分がいるということは、それは安定ではありません。

「個人」の力を磨くべきか?

となると、やはり、個人の力も磨いていくべきなのではないか?と最近は思っています。

じゃあ何をするの?というとすぐに答えが出ませんが、仮に次の就職先が決まったとしても、それで満足してはならないという戒めですね。

 

しばらくは人生設計について熟考したい

楽観的な考えだけではいけないのですが、しばらくは転職エージェントに相談して案件を紹介してもらいつつ、今後の「人生設計」について熟考したいと考えています。

sculpture-18198_1280会社を退職後1ヵ月が経過。失業中の今、率直な感想を記します
2015年3月末に「新卒から約8年間勤めた会社を退職」してから約1ヵ月が経過しました。 引用元:労働力調査(基本集計)平成27年(20...
https---www.pakutaso.com-assets_c-2011-10-PPG_uturonahyoujyounopanda500-thumb-1000xauto-862

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA