ハザードマップで浸水エリアや避難所を確認することの重要性

suginami-hazard01

このたび、茨城県・栃木県・宮城県において河川の氾濫による甚大な被害がありました。被災された皆様、そのご家族の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 

ハザードマップで浸水エリアや避難所を確認

各自治体がハザードマップを発行

各自治体では「ハザードマップ」を発行しています。大抵はネットで閲覧出来ますし、役所に行くと分厚い型紙のマップをもらえます。ハザードマップにも種類があり、以下の物が代表的です。

  • 洪水ハザードマップ
  • 津波ハザードマップ

今回の災害では、実際に起きた河川の氾濫による被害が、洪水ハザードマップの想定よりも広域かつ酷かったため、既存のハザードマップが役立ったのかどうか分かりません。また、今回の件を教訓に、河川が氾濫しないような防波堤を検討しつつ、新たなハザードマップの策定、および各自治体単位のみでなく、より広域レベルでのハザードマップ、連携が取れる対策づくりが必要です。

ハザードマップを確認していない自分

テレビに映る映像から「もっと早く逃げておけば…」という風に思うと同時に、じゃあ自分に置き換えたらどうか?と考えると…、おそらく、「どんな豪雨でも普通に家に待機している」姿が思い浮かびます。しかし、「まさかは!ありえる」というのは、BIGではほとんどありえませんが、自然災害ではありえるということです。

今回被害にあっていないわたしも、まずは既存のハザードマップを確認しておくことが第一歩となります。なお、わたしは不動産営業時代に売買のたびにハザードマップを取得し買主の方に説明してきましたが、自分自身の住む自治体のハザードマップを見たことがありません;

ということで、今回は杉並区のハザードマップの内容を確認してみたいと思います。

杉並区のハザードマップ

杉並区ウェブサイト ⇒ 区政資料 ⇒ 統計 ⇒ 気象 ⇒ 都市型水害に備えて 水防の手引き

このページに「杉並区洪水ハザードマップ全図(浸水予想図)hazardmap_all_2704.pdf」というファイルがあります。

ハザードマップの「想定条件」を確認

ハザードマップを確認するときは、まず「想定条件」をチェックしておくことが重要です。なお、杉並区発行の洪水ハザードマップの主な想定条件は下記の通りです。

平成12年9月に発生した東海豪雨・平成17年9月4日に発生した集中豪雨がそれぞれ杉並区全域に降った場合に、杉並区内で予測される洪水の状況をシミュレーションしています。
○この地図では、20cm以上の浸水が予想される区域を示しています。着色されていない区域も浸水することがあります。
○黒い斜線で囲まれた範囲は過去に浸水したことがある箇所です。降雨時には十分注意してください。
作成:平成18年3月
対象河川:荒川水系神田川(神田川、善福寺川、妙正寺川
対象降雨:平成12年9月 東海豪雨(総雨量589mm、時間最大雨量114mm)
平成17年9月4日 集中豪雨(総雨量264mm、時間最大雨量112mm)

作成年月は9年前の平成18年3月です。これ以降にもっと大きな雨量の豪雨がなかったらよいのですが、あったとすればブラッシュアップが必要ですね。また、今回の想定では対象河川がから水があふれた時であって、堤防が決壊した時の想定はなさそうです。

自宅周辺の「浸水深予想」や「過去の浸水被害」を確認

suginami-hazard01

自宅周辺の「浸水深」を確認すると、自宅部分は色塗りがありませんでした。しかし、近隣には0.2~0.5cmあるいは0.5~0.8cmの浸水が予想される箇所もあります。低くなっている部分ですね。斜線部は「過去に浸水があったエリア」です。上記でいうと川の周辺は過去に浸水被害があることが分かります。

外出して駅やスーパーから家に帰る途中で浸水に合う可能性もあるわけですから、周辺の自分が出歩くルートについても、どこが低くてどこが高いのもチェックしておくとよさそうです。

「避難所」を確認

今回の想定条件の洪水があった時の「避難所」を確認しておきます。

しかし、河川の堤防決壊を想定しないだけに、避難所に示されている箇所が少ないですね。想定はあくまで想定なわけですから、「堤防が決壊するレベルの洪水が起きた時にどこに避難すべきか」、もっと避難所の指定を増やさないと、これでは実際に起きた時に人があふれかえってパニックになる気がします。

スポンサーリンク

 

実際に洪水などの災害が起こった時の対応

河川の状況を見に行かない

ニュースを見ていて時々報道されるのが「川の様子を見に行ってくる」と言ってからそのまま戻ってこないというケースです。これは絶対にやってはいけないと自分に戒めておくしかなさそうです。

Twitterで情報を取得するのもひとつの手

最近ではスマートフォンを持つことにより、個人がメディア化しており、ネットやテレビのニュースよりもTwitterの方が情報取得が早い場合がほとんどです。

今回の河川氾濫でも、NHKが「Twitterで投稿された投稿を見てみましょう」といっているほどです。河川の名前や区域名をハッシュタグを付けて検索したり、ワードを入れて検索するなどすれば、何かしら情報が出てくる可能性もあります。

また、情報入手そして拡散のスピードがものすごく早い方を普段からフォローしておくのもよいかもしれません。株やFXをやっている方はご存知かもしれませんが、岡三マンさんのツイートから知る情報…多いですよね。わたしは口永良部島の噴火も、岡三マンさんのツイートで知りました。

 

まとめ

わたしが不動産の営業をしている時は、地名に入っている文字によく気をつけていました。「沼、谷、川」が付いて高低差が低いエリアは…どうなのか?等々。また、神社やお寺がある場所は、災害の被害が受けにくい場所にあることが多かったりします。

ということで、これを機に、ご自身のお住まいエリアの「ハザードマップ」を一度確認されてみてはいかがでしょうか?

suginami-hazard01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA