結婚式で選んだお花「かすみ草」をドライフラワーにして1年半経過

かすみ草のドライフラワー作り

結婚式の「お花」、何を選ぶか迷いますよねー…。高砂はもちろん、各テーブルを飾るお花を何にするかで印象が大きく変わります。

さて、結婚式で使用したお花は、ほとんどの場合は持ち帰ることができます。

しかし、持ち帰ると言っても、花の寿命は短いですよね。わたしの場合は「かすみ草」をメインのお花に使用したのですが、その後、ドライフラワーにして飾っています。

今回は、ドライフラワーに仕上がっていく過程を写真を交えながらご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

結婚式の「かすみ草」をドライフラワーに

「かすみ草」の花言葉

まずは準備運動がてら、かすみ草の花言葉を。

  • 清らかな心
  • 幸福
  • 親切
  • 無邪気

「かすみ草」の結婚式当日のようす

せっかくなので「Before ⇒ After」でいきたいと思います。こちらが現在の状態から1年半前、結婚式当日の「かすみ草」です。

結婚式の装花のかすみ草

花びらが小ぶりだからこそ出せる凛としていて繊細な雰囲気が印象的、白いウェディングドレスにも映えます。え、クレジットがじゃま?ごめんなさい。某キュレーションサイトとかに使われたくないので…。

今、お花を何にしようか…と迷われている方、結婚式で飾られる「かすみ草」はこんな感じです。イメージできましたでしょうか?

「かすみ草」ドライフラワーにする方法

「かすみ草」をドライフラワーにする方法は色々あるようですが、わたしの場合は「かすみ草の根元を結んで逆さに吊るしていただけ」です。こんな感じで↓

かすみ草のドライフラワー作り かすみ草のドライフラワー作り

通常は2週間くらい乾燥させれば良いそうですが、わたしの場合は半年ちょっと吊るしました;(言い方を変えると、ただ放置していただけです)

かすみ草のドライフラワー作り

ちなみに、上記の写真3枚は、結婚式から半年経過した時に撮影した写真です。

左側の部分をご覧いただくと分かりやすいかと思いますが、花びらの部分がポップコーンのように少しずつ色が変わってきてるんですね。こんな感じでじっくりと乾燥させていきます。

そして1年半経過した現在のようすがこちら

かすみ草のドライフラワー かすみ草のドライフラワー

ずいぶんと色が変わります。花びらはもちろん、茎の部分まで見事に色が変化してます。

かすみ草のドライフラワー

花びらがもこもこしているので、上からのショットの方が美しいですね。

結婚式の思い出に「ドライフラワー」

結婚式の思い出といえば、「写真」や「動画」、そして「寄せ書き」などさまざまなカタチで残すことができますが、こうして「ドライフラワー」にして思い出を残すというのも、選択肢としていかがでしょうか?

 

まとめ

かすみ草、そしてドライフラワー、オススメです。

なお、今後も5年経過、10年経過とかのタイミングで、この記事に写真を付けて追記していきたいな、と思っています。わたしが忘れなければの話ですが…。

▼ 砂状のシリカゲルで時短&綺麗に保存 ▼

かすみ草のドライフラワー作り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA