【LINE@】不動産の無料相談をはじめます

line

このたび、LINEによる【不動産の無料相談】をスタートすることにしました。

LINEの会話の相手は、このブログ「aokitrader2.com」を書いているaokitradeです。

宅建業の免許を取得したわけでもなく、お金を頂戴して仕事として本腰でやっていくわけでもありません。さらに、内容は無保証です。

ただし、料金はかかりません、完全無料です。「不動産のことを知らない友だちに相談するぐらいなら、不動産に多少詳しい人に相談した方がマシかー、送ってみるかー」ぐらいのノリで結構です。

 

LINEで無料会話することのメリット

不動産の購入・売却についての相談をしたい…。では、誰に相談するか?となった時、まずは不動産屋さんに相談することになるかと思います。

もちろん、その不動産屋さんに相談したことによって、すべて解決すれば、これ以上ないことです。しかし、利害関係が直接絡む不動産屋さんに相談しても「本当の意味で解決の方向になるのか?」微妙な場面があります。

たとえば、大型の新築分譲地があり、A号棟を購入するかB号棟を購入するか迷っていたとしましょう。利害関係が絡む営業さんに相談した場合は、他のお客さんの検討状況・各号棟の寄り付きを含めた状況を加味して、トークで自分たち(会社)が最も利益を得る方向へ誘導していきます。

つまり、このお客さんは、ご家族構成やライフスタイル・予算から、本当はA号棟の方がよいのでは…と本心で思っていても、B号棟の寄り付きが薄ければ、B号棟にトークで誘導する可能性があります。というか、やりますね、営業なので。

ただし、完全に第三者であるわたしの場合は、わたしの本音を言います。このブログでも一部、本音でバッサリ斬りまくっている記事もあります。

スムストック住宅の評判。ハウスメーカーの既存顧客「囲い込み」策
日本住宅ローンのフラット35のメリットとデメリットは?

とはいえ、わたしの本音がすべて正しいというわけではないので、「ああ、そんな意見もあるのか」ぐらいにとらえていただき、参考にしていただければと思います。

 

LINEの無料会話でできること

じゃあ、LINEで何を話せばよいのか?という点については、結論から言いますと、「何を話していただいてもOK」です。

ただし、わたしでも難しい内容については「ごめんなさい、わかりません」の可能性も大いにありますし、詳細の税金計算等については税理士法にも抵触するので、まずご期待にそえません。

  • この間取りのメリット・デメリットを教えてほしい
  • 2階リビングってぶっちゃけどうですか?
  • 実家の土地を売りたいんだけど、全国ネットワークでやっている不動産屋知ってますか?

などであれば、ある程度のご返答はできるかと思います。

ちなみに、わたしのスペックとしては戸建が得意分野です。一方、マンションについては経験値少なめです。

 

aokitradeにとってのメリット

世の中に存在する「無料」と呼ばれるものには裏があります。裏というと語弊がありますが、なにか意図があって無料にしているはずです。

「無料で会話を受け付けるとは、何かおかしい!」と思われるかと思いますが、おっしゃられる通りです。

わたしにとってのメリットは2つです。

  1. (具体的な地域や個人が特定されないような範囲で)ブログの記事にさせていただく場合があります。
  2. (これはお願い事項ですが)会話の内容がそれなりに役に立った…という場合は、どの記事でもいいので、Facebookのいいね!か、Twitterのツイートをしていただけると嬉しいです。

以上です。

さいごに…、「LINEで会話してみたけど、まったく役に立たなかった!」ということがありえますので、期待しないでください!

▼ 友だち追加からどうぞ ▼

友だち追加数
line

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA