「マーチンゲール法」は投資・カジノ・ギャンブル必勝法なのか?検証してみた

play-593207_1280

もし投資やギャンブルに必勝法があったら…。いわゆる「聖杯」を探し求める旅は、誰もが経験することなのかもしれません。

ギャンブルの必勝法として、よく紹介されているのが「マーチンゲール法」です。

今回の記事では、マーチンゲール法とはいったい何なのか?本当に必勝法なのか?コイントスで実験をしながら検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

「マーチンゲール法」とは?

負けた分の倍額をベットして勝つまで続ける方法

play-593207_1280

「マーチンゲール法」とは、負けた分の「倍額」をベットして勝つまで続けていくという投資法です。

仮に連敗が続いたとしても、一度勝利すれば「連敗時の負け分をすべて回収ができる」という手法です。そのため、“理論上は”必勝法ということになります。

 

「マーチンゲール法」は必勝法なのか?検証

「マーチンゲール法」は本当に投資やカジノなどの必勝法となりえるのでしょうか?

実際に実験を行って検証してみたいと思います。

勝負は勝率50%の「コイントス」

勝負はかなりアナログですが「コイントス」です。コイントスの勝率は50%ですね。

1回目はコインの表が出れば+100円、裏が出れば-100円です。もし負けた後の勝負ではコインの表が出れば+200円、裏が出れば-200円といったように「倍々」で続けていきます。

勝った後の勝負では再度100円の勝負から仕切り直しです。

1ディルハムコインの表が「勝ち」・裏は「負け」

使用するコインは、今後なかなか使う機会がないであろう、アラブ首長国連邦の1ディルハムコインでいきたいと思います。

1ディルハムコイン

上記写真のポットのマークを表(勝ち)とします。

DSC03177b

そして、UNITED ARAB EMIRAITESが印字されたこちら側を裏(負け)とします。

それでは、開始します―。

DSC03166b

さて、まず1回目は裏が出ました。というわけで、さっそく-100円の負けですね。つづく第2戦では、勝てば+200円、負けたら-200円の勝負となります。

こんな感じで、延々とコインを投げ続けていきます。しかし、ひとりぼっちの部屋で粛々とコインを投げ続けるのもなかなか滑稽なのであります。

本当は500回やろうと思っていたのですが、思いのほか疲れが来てしまい、200戦で終了しました。さて、どうなったでしょうか?

結果発表―。

「コイントス」200戦を「マーチンゲール法」で勝負した結果

20150615b
  • 戦績:105勝95敗
  • 勝率:.525
  • 最大連勝:7
  • 最大連敗:8
  • 勝ち金額:58,200円
  • 負け金額:54,500円
  • トータル損益:3,700円

今回は計200戦のコイントス勝負を「マーチンゲール法」を用いて行い、3,700円の勝利という結果に終わりました。

資金が無限になければ「必勝法」ではない

しかし、ここで注目して頂きたいのは第171戦から第186戦の箇所です。「たられば」の話をしてもしょうがないかもしれませんが、もし173戦と182戦に負けていたら、第171戦から第186戦まで16連敗していたことになります。

すると、下記のような悲惨な事態となります。

20150615c

わずか-100円で始まったにもかかわらず、16連敗したこの間のトータル損失金額は「‐655万3500円」となります。

資金がいくらあるかにもよりますが、もしここで資金が尽きた場合は「取り返す術もない惨敗」となります。

結局、マーチンゲール法という手法は、理論上は必勝法ですが、資金が無限になければ、続行することが不可能になってしまうということです。

 

201戦目で負けたらトータル損益はマイナスに転落する

また、今回の実験の中で、最後に6連敗を喫しています。今回は200戦というキリがよいタイミングで止めているだけで、仮にその先201戦目があったとします。

もし201戦目で勝てば+6,400円が加算されトータル10,100円の利益となりますが、201戦目で負けてしまうと-6,400円が加算されて一転トータル-2,700円負けに転がり落ちます。

 

結論:マーチンゲール法は必勝法ではない

マーチンゲール法は、理論上資金が無限にある人だけの必勝法であり、資金が無限にある人でない限り必勝法にはなりえないということです。

と同時に、、資金がもし無限にあるのであれば、投資やカジノでお金を増やす必要はないという矛盾も生じます。

しかし、完全運任せ勝率50%のコイントスではなく、勝率が60%とか70%だとか自分に優位な勝負で行った場合はどうなるのか?というのは興味深いですね。

たとえば、株式投資やFXで「聖杯」を見つけて、勝率がアップしている状態でマーチンゲール法で勝負をすると、どうなるか?ということです。また機会があれば検証してみたいと思います。

というわけで、結論。

マーチンゲール法は必勝法でないだけでなく、大変危険ですので、絶対にやめましょう

By: Miran  RijavecSBI FXトレードで「豪ドルコスト平均法による長期積立投資」を始めます
本日より、以前のブログでも行っていた「豪ドルコスト平均法積立投資」を始めます。FXの「豪ドル円」通貨ペアで「ドルコスト平均法」に...
play-593207_1280

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA