ネクタイハンガーのおすすめ|選び方から比較ランキングまで

ネクタイストッパー20

スーツを着てネクタイを締めて仕事をされている方向けのランキングです。

普段、ネクタイをどこに収納してますか?クローゼットのパイプ部分にそのままでしょうか?あるいは、ノーマル形状のハンガーにまとめて掛ける…。

わたしも以前は普通のハンガーに直接掛けて収納していたのですが、ネクタイがしっかりとグリップされていないため、何かの拍子で衝撃を受けると、まとめてドサドサと床に落ちます。最悪です。

今回はネクタイ専用のハンガー「ネクタイハンガー」を比較して、おすすめを決定します。

スポンサーリンク

 

ネクタイハンガーの選び方

ネクタイハンガーを選ぶ「機能面でのポイント」は大きく3つです。

  • 掛けやすい(≒取りやすい)
  • 落ちにくい
  • 省スペース

毎日のことなので、やはり掛けやすさ(≒取り出しやすさ)は重要ですし、クローゼットの奥行きと幅を占領してしまうような大きなハンガーでは不便です。

そして、今回はさらに「予算」つまり「安さ」を加味してランキングにしました。

やはり、いくら機能が良くても金額が高いのでは、意味がないので「いいモノを安く」のスタンスでランキング付けしていきます。

 

第4位 ネクタイハンガーSA-501

ネクタイハンガー SA−501 ブラウン
おすすめ度 ico_grade6_2
収納数 20本~30本
価格 ふつう

ネクタイハンガーSA-501は、収納部分がシンプルな構造になっているので「片手で掛けられること」が最大のメリットです。

ただし、重ねて収納するタイプのため、使わないネクタイがどんどん下に埋もれていってしまうのがネックです。

金額もそこそこするので、よって第5位。

 

第3位 ネクタイハンガー10段

ネクタイハンガー10段 クローム
おすすめ度 ico_grade6_3
収納数 30本
価格 高い

ネクタイハンガー10段タイプは、10段×3列で計30本のネクタイを一本ずつ収納できます。

収納した時にネクタイの柄を確認できるので、ネクタイを選ぶ時に見やすいのが特徴。

本体の構造がスチールでつくりが頑丈なので、ベルトも収納できます。ただし、値段が結構高いのがネック。第4位。

 

第2位 ネクタイハンガーF-fit

F-Fit ネクタイハンガー ブラック
おすすめ度 ico_grade6_4
収納数 20本
価格 安い

ネクタイハンガーF-fitは、ハンガー本体を引っかける部分(形状)が、クローゼットの収納パイプと垂直方向に掛けられるようになっています。

つまり、クローゼットに掛けた時に使用する幅がネクタイの幅だけなので、「省スペース設計」となっている点が最大の魅力です。

金額が安いのも嬉しいところですが、奥に収納したネクタイが見づらいという点だけがネックです。第3位。

 

第1位 ネクタイストッパー20

サワフジ ネクタイハンガー ネクタイストッパー20 ブラック NS-20
おすすめ度 ico_grade6_5
収納数 20本
価格 安い

使い勝手・価格ともにバランスのよいネクタイハンガーがネクタイストッパー20です。

ネクタイストッパー20

一本一本収納でき、滑り止めのクリップが付いています。また、くるくると回転できるため、好みのネクタイを探すのも簡単です。

あと、とにかく安いです。あまりの安さに2個購入してしまいました。

 

まとめ

忙しい朝や、疲れて帰ってきた夜遅くに、ネクタイがバラバラとナイアガラの滝のように落ちる光景は、気分が深く落ち込みます。

ネクタイ専用のハンガーを収納することで、クローゼットの中をスッキリしてみてはいかがでしょうか?

ネクタイストッパー20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA