プラグインに頼らない!WordPressで「人気記事」をプラグインなしでサイドバーに表示する方法

PhotoShop Elements11の操作画面

ワードプレスで作成したブログのサイドバーに、「自分の好みの記事」を人気記事として紹介したい…と思ったことはありませんか?

今回の記事は、ワードプレスで作ったブログのサイドバーに、プラグインを使わずに「人気記事」を表示する方法をご紹介します。

ただし、今回ご紹介する方法は、かなり「原始的」です。

しかし、個人的にはプラグインに頼って人気記事を自動表示するよりもかなり有効だと思っています。今回はその方法と有効であると考える理由をご紹介します。

スポンサーリンク

 

WordPressで「人気記事」をプラグインなしで表示する方法

 PhotoShopで「バナー」を製作し、貼りつける

PhotoShop Elements11の操作画面

アドビのPhotoShop Elementsで「バナー」を作成し、メディアに追加。

ウィジェット画面で「テキスト」を選択し、画像にリンクを挿入し、バナーをサイドバーに表示する…といういかにも原始的な方法です。

「え、コードをあれこれいじるんじゃないの?」「なんだよ、そんなことか」というツッコミもいただきそうな場面ではありますが、ワードプレスをカスタマイズするのが目的ではなく、人気記事をプラグインなしで表示するのが目的です。

「バナー」の有効性

わたしは以前、新築分譲の営業をしていたのですが、新築分譲地や新築分譲マンションの「公式ウェブサイト」は広告代理店およびその下請け会社に制作してもらいます。

そして、そのウェブサイトに表示している「資料請求」「来場予約」「キャンペーン」「○○特集」などはすべてPhotoshopで制作した「バナー」です。

バナーの内容・大きさ・フォント等、細かいところを突き詰めていくことでクリック率も大きく変わります。

YouTubeでも「サムネイル画像」が重要で、サムネイルをしっかりPhotoshopで作るかどうか次第で、再生数が大きく変わりますよね、それと同じです。

 

 「ご覧いただきたいページ」への導入経路を作る

そもそも「人気記事」をサイドバーに表示する理由

そもそも、「人気記事」をサイドバーに表示する理由は何か?ブログの記事にアクセスいただいた読者の方に、「ぜひ他の記事もご覧いただきたいから」です。

そしてその先にあるのは、「あ、このページ面白いかも」という感情であり、そのうえで「ブックマークしよう」「フィード購読しよう」という行動をしていただければ、これ以上嬉しいことはありません。

しかし、当ブログのように集客チャネルの中の「検索(Organic Search)」の比率が高いブログの場合、プラグインで自動表示した人気記事は、単に検索アクセスが多いだけで「人気記事」とは限りません

昨日2015年8月25日のセッション(訪問数)1,286のうち、ソーシャル流入は4です; かなしー。

むしろ、このブログで約6ヵ月間プラグイン「WordPress Popular Posts」を使って表示されていた人気記事1位はページ/セッションも悪い上に直帰率も高く、わたし自身、読者の方の期待の応えられるような内容ではないとさえ思っていました。

プラグインで自動表示してる人気記事、それは本当に”人気”記事ですか?

「ランディング向けのページ向けのページ」から「”そうじゃないページ”」への導入経路を作る

また、ブログの記事の中で「ランディング向けのページ(ランディングしやすいページの意も含む)」と「そうじゃないページ」があります。

「そうじゃないページ」の詳細について、あえてここでは細かく書きませんが、サイドバーの人気記事に「ランディング向けのページ」が並んでいても、こちらの目的は果たされないということです。

「検索エンジンで上位表示されない記事」への導入経路を作る

検索エンジンで上位表示を狙うため、タイトルに入れるキーワードも入念に考えます。

しかし、せっかく熟考して書いたブログ記事でも、ライバルが多いキーワードでは上位表示されないことも多い。

すると、いくら記事が力作で良い記事だと思っていても、検索アクセスが少なければ一生読まれません、悲しいことに。

そのため、レッドオーシャンで「もがいている記事」への流入経路を確保すべく、サイドバーにバナーを貼り付けてリンクをします。

現在、わたしのブログのサイドバーには以下のようなバナーが表示されていると思います。

banner-ninki-orange banner23

「このページを見て見て!」と思う記事を並べています。良い記事だと思っていても、狙っているキーワードがレッドオーシャンすぎて、検索で上位表示されず、ほとんどランディングしないこともあります。

そのため、バナーにしてサイドバーに表示しています。

「人気記事をランダムに表示」とありますが、どうやってランダムに表示しているのか?

答えは自動でランダムに表示されるわけではなく、わたしが人気記事をランダムで表示している、ということです。つまり、手動です;

ハイ、これはワードプレステーマ「Stinger5」の作者であるEnjiさんのブログ「Enjilog」を見て「なるほどー」と思い、このブログでもやってみたということです。

「シリーズもの」の一話目 or まとめページへの導入経路を作る

banner11

これは先日更新した「シンガポール旅行記」のバナーリンクです。マリーナ・ベイ・サンズの夜景写真に、水を口から噴射しているマーライオンを切り取って、合成しバナーにしました。

シンガポール旅行記は全14話、このバナーをクリックすると「旅行記のまとめページ」に飛ぶようになっています。

結局ブログの場合、「シリーズもの」のまとめページに飛ばすには「新規カテゴリ」を作る以外ないと思うのですが、いちいちカテゴリ分けをしているとカテゴリが細分化しすぎてゴチャゴチャしてきてしまうんですよね。

 

まとめ

「ほかの人もやっているし…」と、プラグインで人気記事を表示しがちですが、自分自身で手をかけて「導入経路を作っていく」ことで、色々な部分で良い結果が出るようになります。

特にわたしと同じように集客を「検索流入に頼っているブログ」にはおすすめです。

macbook-336704_640AmazonアソシエイトはWebサイト追加する場合にも「審査」が必要です
当ブログ「aokitrader2」を基幹サイトにしていくというのは以前と変わりませんが、最近は「リスク分散」を考えて別のウェブサイトを構築...
PhotoShop Elements11の操作画面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA