ユーチューバーになるには?収入はブロガーとどっちが多い?

office-581131_1280

「将来、ユーチューバー(YouTuber)になりたい!」と考える若い子が増えているようです。

インターネットやYouTubeが普及する前は、メディア運営できるのは新聞社や系列のテレビ局だけでした。しかし今は、個人がエンターテイメントや意見を発信できる時代です。

時代は大きく変わりましたね。

しかし、誰もがユーチューバーになれるのか?というとそうではありません。誰もが自分が制作した動画をYouTubeにアップロードできますが、誰もが収益をあげて食っていけるわけではないからです。

スポンサーリンク

 

ユーチューバーとは?

「ユーチューバー」という言葉ができたのは、おそらく2012年ではなかったかと思います。

それまで、個々で動画を制作して活動していたYouTube動画配信者が、北海道に集結し、コラボしている様子が配信されました。その際に、ひとりの動画配信者が「ユーチューバー」と言い始めたのがはじまりだと…わたしは勝手に思ってます。

同年、「YouTube NextUp 2012」というコンテストイベントが開催され、その時に当選した動画配信者が、今のトップユーチューバーと言われる人たちの中に名を連ねています。

 

ユーチューバーの収入は?

仮に動画配信を行う「YouTube」のプラットフォームだけで活動していると想定した場合、収入となるのは以下の3種類です。

  • Google Adsense
  • Amazonアソシエイト
  • 企業からのオファー

Google Adsense

YouTubeの場合、グーグルアドセンスの広告配信にも種類があり、動画再生前に流れる「スキップ可能な動画広告」や動画の横に貼られているバナー「ディスプレイ広告」、動画再生中に表示される「オーバーレイ広告」です。

広告費を払っているのは広告主(スポンサー)で、スポンサーの予算によって表示される広告が変わります。そのため、単価が高い広告をクリックしてもらうほど、動画配信者の収益が増えることになるわけですね。

実はわたしも、旅行の動画や株主優待の動画にGoogle Adsense広告を付けて配信しています。このブログと違い、全然力を入れていませんので、ほとんど再生されません(笑

それでも、2012年から60本ほどの動画をアップして分かったことは、YouTubeのアドセンス収益は大体「1再生0.1円~0.15円」ぐらいということです。稼いでる人はもっと単価が高いかもしれませんが、それでも稼げて1再生0.2円ぐらいという口コミが多いです。

Amazonアソシエイト

Amazonアソシエイト

商品紹介を行っている動画配信者の場合、Amazonアソシエイトリンクを動画説明欄に貼り付け、収入を得ている人もいます。

Amazonアソシエイトとは、Amazonが直接運営しているアフィリエイトサービスです。Amazonアソシエイトリンクを経由(クリック)してAmazonで商品を購入したもらえた場合、「売れた商品の購入額に対しての数%」を収入として得ることができます。

また、リンクで紹介した商品でない商品が売れた場合でも収入になります。

たとえば、「SONYのウォークマン」を紹介するAmazonアソシエイトリンクを設置し、それをクリックしてくれた人が、「サントリーの烏龍茶」を購入した場合でも、売上にカウントされます。

なお、リンクをクリックしてから購入までの有効期限は24時間です。リンクをクリックしてから24時間経過すると、クッキーが無効となり、購入してくれたとしても売上になりません。

加えて、リンクをクリックしてから購入するまで24時間以内だったとしても、自分の設置したAmazonアソシエイトリンクの後に、別の人が設置したAmazonアソシエイトリンクをクリックした場合、自分の設置したAmazonアソシエイトリンクのクッキーが書き換えられるため、購入してくれたとしても売上になりません。

2016年1月現在、Amazonアソシエイトの料率は以下の通りです。

紹介料率 商品カテゴリー
10% Amazonインスタントビデオ、Amazonコイン
8% Kindleデバイス、Kindle本、Fireデバイス、Fire TV、デジタルミュージックダウンロード、Androidアプリ、食品&飲料、お酒、服、ファッション小物、ジュエリー、シューズ、バッグ、コスメ、Amazonパントリー対象商品
5% ヘルス&ビューティ用品、ペット用品
4% DIY用品、産業・研究開発用品、ベビー・マタニティ用品、スポーツ&アウトドア用品、ギフト券
3% 本、文房具/オフィス用品、おもちゃ、ホビー、
キッチン用品/食器、インテリア/家具/寝具、生活雑貨、手芸/
2% CDDVD、ブルーレイ、ゲーム/PCソフト(含ダウンロード)、カメラ、PC
家電( キッチン家電、生活家電、理美容家電など)、カー用品・バイク用品、腕時計、楽
0.5% フィギュア
0% ビデオ
紹介料上限 1商品1個の売上につき1,000円(消費税別)

ただし、Amazonアソシエイトの場合、「売る力」が必要になってくるため、単にリンクを貼っているだけではなかなか売れません。動画の中で「欲しい!」と思わせる訴求が必要ですし、普段あまり見ることのない動画説明欄のリンクをクリックしてもらう必要がある。

そのため、YouTubeをプラットフォームとして、Amazonアソシエイトで稼いでいる人は少ないのではないでしょうか。

企業からのオファー

YouTubeチャンネルに集客力があったり、好感度が高い場合、企業(広告主)から直接オファーを受ける場合もあります。

余程の再生回数を稼げる人でないと、なかなか依頼はないとは思いますけど。営業が得意な人であれば、企業に営業するケースもあるかもしれません。

 

ユーチューバーで稼ぐのはかなり厳しい

しかし、ユーチューバーで稼ぐのはかなり厳しいでしょうねー。

YouTubeはレッドオーシャン

世間に認知されてからかなり時間が経過し、YouTube上は完全にレッドオーシャンです。

たとえば、YouTubeで「レモンジーナ」と検索してみてください。多くの動画配信者が「レモンジーナは土の味がするか?」について語っている動画をアップしています。

しかし、全員が見られるかというとそうではなくて、表示が上位表示されている人のを優先的に見ます。そして、表示が上位表示されているメンツを見ると、ほとんどが有名な人たちのはずです。

Googleが設定したアルゴリズムにより、視聴した人が「なるほどー」「面白い!」と思える動画配信者の動画を優先的に表示しているんですね。もし面白くない人を上位表示してしまい、視聴者が「なんだYouTubeつまらんわー」となってしまっては、広告主(スポンサー)がYouTubeに広告費を投下しなくなりますから。

 

ブロガーは?

ユーチューバーとは違い、動画ではなく文字で発信している人たちがいます。一般的にはブロガーと呼ばれています。

ライブドアブログはてなブログなどの無料のブログもありますし、最近では、独自ドメインを取得してレンタルサーバーを借り、ブログソフトウェア「WordPress」をインストールしてブログを書く人たちもいます。

このブログも、ムームードメインで独自ドメイン(aokitrader2.com)を取得し、エックスサーバーでサーバーをレンタルして記事を書いています。

 

ブロガーの収入は?

ブロガーの収入源は、YouTubeよりも多岐にわたります。

  • Google Adsense
  • Amazonアソシエイト
  • 企業からのオファー

に加えて、グーグルアドセンス以外のクリック型報酬や、成果型報酬(アフィリエイト)があります。

忍者アドマックス

忍者アドマックス

忍者アドマックスはグーグルアドセンスと同じようなクリック型報酬です。広告には2種類あり、表示されるだけで報酬になるバナーと、クリックされると報酬になるバナーが自動で表示されます。

売る力がなくても、ブログに貼っておくだけで収入になるということです。ただし、グーグルアドセンスよりも報酬単価が低いため、あくまでも補助的な役割です。

A8.net

A8.net

A8.net(エーハチネット)は、成果型報酬(アフィリエイト)です。成果型報酬(アフィリエイト)とは、設置したリンク経由で企業のサービスに申し込んだり、購入したりすると、報酬がもらえる仕組みです。逆をいうと、クリックされただけでは報酬は発生しません。

成果型報酬(アフィリエイト)にも色々な会社がありますが、A8.netは、「参加広告主が多い」のが魅力で、大企業から中小企業まで様々な企業が参加しています。ブログを始める人がまず登録するのが、このA8.netといえます。

バリューコマース

バリューコマース

バリューコマースは、成果型報酬(アフィリエイト)です。

バリューコマースは大株主があのヤフーなだけに、大手どころが多いのが特徴ですね。Yahooショッピングや、リクルートの旅行サイトじゃらん、プレイステーションStoreなど。馴染みのある企業が多いだけに、紹介しやすいです。ぜひここも登録しておきたいところ。

アクセストレード

アクセストレード

アクセストレードもアフィリエイトです。アクセストレードは金融系案件が多く、金融系ブログである当ブログでも、結構利用させてもらってます。

また、他にはないアクセストレードの魅力として、スマホのソーシャルゲームアプリの取り扱いが多くあるので、ゲーム関連のブログをやりたい方にもおすすめです。

他にもまだまだあります。色々登録してみて、自分に合う案件を探してみてください。

アフィリエイトB

アフィリエイトB

アフィリエイトBも成果型報酬のアフィリエイトです。アフィリエイトBは、美容系案件が多いですね。

 

ブロガーで稼ぐのは?

ブロガーで稼ぐのも、ユーチューバーと同様に容易なことではありません。

ブログもジャンルによってはレッドオーシャンです。自分が書きたいことばかり書いていると、まず読まれません。また、読む人の役に立たないとGoogleに判断されてしまうと、検索順位が上がらず、アクセスが増えません。それでやる気をなくして更新を止めてしまう人も多いですね。

しかし、YouTubeへの動画投稿と、ブログでの記事投稿をどちらも経験しているわたしの場合は、ブログの方が稼ぎやすいと思いますし、実際に結果としてそうなっています。

トップユーチューバー>トップブロガー

しかし、トップユーチューバーと言われる人たちと、トップブロガーと言われる人たち同士を比較した場合、稼ぎでみたら圧倒的にトップユーチューバーの方が稼いでいます。

当然、正確な金額まではわかりませんが、トップユーチューバーの場合、年収1億円を超えるとまで言われていますね。

一方、トップブロガーの場合、高くても年収2,000万円ぐらいです。まあ、それでもめちゃくちゃ稼いでいるといえばそうなのですが、金額差としては大きいですよね。

動画と文章のハイブリッドスタイル

もし、YouTubeの動画で稼ぎたい!と思っているのであれば、動画制作だけでなく、同時にブログもはじめてみるのも選択肢のひとつです。

個人的にはYouTubeとブログのハイブリッドスタイルが面白いと思います。YouTubeにアップした動画からブログにリンクを貼り、ブログには該当の動画を埋め込む。集客の流入ルートが増えるだけでなく、「動画」と「文章」をどちらも使えるため、読者(視聴者)に対しての訴求方法・バリエーションが増やせます。

このブログでも、旅行記事なんかは、上記のようなハイブリッドスタイルで記事を更新しています。

 

まとめ

今は、昔と違って個人でも仕事がしやすい時代になってきましたね。

ぜひ、動画(YouTube)と文章(ブログ)のどちらもトライしてみて、自分に合う形を探してみてください。

office-581131_1280

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA