ラゲッジチェッカーのすすめ|国際線のスーツケース(預け手荷物)重量制限の対策

マッキーノのラゲッジチェッカープラス

海外旅行に行った時の楽しみのひとつが「お土産購入」です。家族や友人、会社の人に購入するものに限らず、自分へのお土産もあります。

その国・その都市だからこそ購入できる雑貨・お菓子・ワイン、あるいはブランド品のショッピングを楽しむもよいでしょう。

しかし、帰国の便に乗る際に手荷物カウンターで預けられる手荷物の個数・重量・サイズ(無料手荷物許容量)をオーバーすると、超過料金を支払う必要があります。

今回は、そのような悲劇を避けるため、手荷物の重量を事前に計測できる「ラゲッジチェッカー」について書いていきます。

スポンサーリンク

 

無料手荷物許容量とは

ana手荷物預け専用カウンター

飛行機に搭乗する際、預けられる荷物には

  • 個数
  • 重量
  • サイズ

の制限があります。

航空会社やクラスによっても違うので一概にはいえませんが、たとえば、日系の航空会社である日本航空(JAL)と全日空(ANA)については、以下のように定められています。

重量・個数・サイズ(JALとANA)

JAL ANA
ファーストクラス 32kg × 3個 32kg × 3個
ビジネスクラス 32kg × 3個 32kg × 2個
プレミアムエコノミー 23kg × 2個 23kg × 2個
エコノミークラス 23kg × 2個 23kg × 2個

JALとANAのエコノミークラスの場合、1つあたりの預け入れ手荷物許容量は23kgです。

サイズの制限(許容量)は、キャスターと持ち手を含む3辺(縦+横+高さ)の和が

  • JAL:203cm以内
  • ANA:158cm以内

となります。

超過手荷物料金

無料手荷物許容量を超える場合は、航空会社に超過手荷物料金を支払う必要があります。

航空会社によりますが、超過手荷物料金の相場は6,000円~20,000円です。かなり高い!

「超過手荷物料金を支払うぐらいであれば、ホテルのランクアップ、ショッピングやお土産代、レストランでの料理代に充てたかった…orz」という、後悔の念に駆られるのは間違いなし。

 

事前に手荷物を計測した方がよいケース

ただし、海外旅行に行くときに必ずしも自分で手荷物を計る必要があるか?というと、そうではありません。

着替えの服や下着などを多く持っていく必要がない旅程(近場)だったり、渡航先の国で購入する予定がない場合には、事前に計測しなくても全然問題なし。

必要になると想定されるのは、以下のケースが重なった時です。

  • 渡航先が寒い
  • ショッピングを楽しむ予定
  • ワインなどお酒を買い込む予定

渡航先が寒い

IMG_0430b

冬のヨーロッパやアメリカなど、渡航先の季節が寒い場合は、厚着をするため防寒具やニットなどの手荷物が増えます。

加えて、旅程が6泊や7泊の場合、単純に着替えの数そのものが多いので、スーツケースが重くなりがちです。

ショッピングを楽しむ予定

IMG_2603b

海外旅行の目的が観光だけであれば心配ないですが、ショッピングも予定しているのであれば、スーツケースが重くなる可能性があります。

購入予定のバッグやシューズの重さを「事前に把握できている」のであれば、ある程度計算ができますが、なかなかそうもいかないでしょう。

ワインなどお酒を買い込む予定

IMG_1095b

そして、一番影響が大きいのはお酒です。

イタリアやフランスのスーパーに行くと、安いワインの場合、3€~購入できます。安いだけに、最低でも免税範囲(3本)ギリギリまで購入したいところ。

しかし、仮にワイン一本あたり750mlの場合、瓶も含めたワインの重さは約1.3kgです。免税範囲の3本購入すれば3,900g(3.9kg)になります。

ワイン一本750ml(1.3kg)の場合の重量
1本 1,300g(1.3kg)
2本 2,600g(2.6kg)
3本 3,900g(3.9kg)
4本 3,000g(5.2kg)
5本 3,750g(6.5kg)

冬のヨーロッパ、搭乗クラスはエコノミークラス、ショッピングも楽しんで、ワインも買い込んで…という場合は注意が必要です。

 

ラゲッジチェッカー(ラゲッジスケール)で手荷物を計測可能

超過手荷物料金を支払うリスクに備える場合には、スーツケースの重さを自分自身で計測する必要があります。その際にアイテムがラゲッジチェッカー(ラゲッジスケール)です。

MAQUINO 【手荷物の重さを量る】 ラゲッジチェッカープラス オレンジ 071372

ラゲッジチェッカー(ラゲッジスケール)とは、スーツケースなどの手荷物の重量を計測できるツールです。

値段は500円~1,500円台とピンキリ、製品によっては誤差があるようなので、なるべく正確に測れるものを選びたいところ。

 

ラゲッジチェッカープラスの機能

マッキーノのラゲッジチェッカープラス

わたしが持っているラゲッジチェッカーはマッキーノ(MAQUINO)のラゲッジチェッカープラスです。

ラゲッジチェッカーの使い方は簡単で、

  1. 電源ボタンを押す
  2. スーツケースの持ち手に引っかける
  3. 持ち上げる

だけ。

重さは102gと軽量、旅行の終盤まではスーツケースの内側ポケットに忍ばせてます。

 

まとめ

また、無料手荷物許容量が不安な場合は、スーツケースを軽量のスーツケースにするという手もあります。サムソナイトのコスモライトや、リモワのサルサエアーがおすすめです。

航空会社の無料手荷物許容量をオーバーした場合、空港でスーツケースを開けて荷物を入れ替えたり、色々と大変です。

ラゲッジチェッカーは旅行する全員がそれぞれ持つ必要はなく、1人が持っておけばOK。万が一の保険となります。

海外旅行の持ち物について

IMG_9769_title【海外旅行の持ち物】便利グッズ・準備まとめ
海外旅行に行く前、行くのは楽しみだけれど、何を持っていくか考えたり、準備が面倒…という方は多いはず。なぜなら、わたしがそうなので...
DSC07221bエポスカードは海外旅行保険が充実!【年会費無料】のクレジットカード
丸井グループ[8252]の傘下「株式会社エポスカード」が発行している、マルイのお買いものでおトクなクレジットカードが、「エポスカー...
cat-1056661_1280飛行機でおすすめのネックピローは?購入する際に重要な選び方!
海外旅行で飛行機に搭乗する際、「飛行機の中でいかに深い睡眠・休息を取るか?」は結構、重要なポイントです。 特に「日本を夜に出...
DSC08099bグローバルWiFiを実際に使ってみての感想と口コミレビュー
わたしがこれまで海外旅行に行った際、約半数の国と地域で海外ポケットWi-Fiをレンタルしています。 これまで海外ポケットWi-Fiを利...
マッキーノのラゲッジチェッカープラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA