ラッシュガードの選び方|人気の機能とおすすめのブランド

PROUVのラッシュガード

シュノーケリングなどのマリンスポーツ、海水浴で便利なグッズのひとつに「ラッシュガード」「ラッシュトレンカ」があります。

ラッシュガードは、水着と併用することで「肌の露出を少なく」し、すり傷や日焼けからガードしてくれます。

今回は、ラッシュガードの選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

ラッシュガードの選び方

DSC01976b

ラッシュガードの使用目的

ラッシュガードの使用目的は大きく3つです。

  • すり傷防止
  • 日焼け防止
  • ボディラインを隠す

ラッシュガードの本来の目的は、「ラッシュ(すり傷)」からガードすること。加えて、最近は「日焼け防止」としての機能を重視して検討する人が多いです。

気象庁は「日本では7~8月が一年で最も紫外線が強い」というデータを発表しています。夏のビーチ(国内)で遊ぶ場合は、ラッシュガードを検討したいところ。

海外でも、新婚旅行で人気のハワイやモルディブなどのリゾートも、紫外線は強いです。

また、「ボディラインを隠す」ために使用するケースもあります。せっかくリゾートやビーチに来たのであれば、ラッシュガードを着て気にせずに楽しみたい!という人も多いです。

ラッシュガードを選ぶポイント

ラッシュガードを選ぶ際に大きなポイントは3つ。

  • 機能
  • ブランド・デザイン
  • 価格

ノーブランドでも、機能面やデザイン面に優れたラッシュガードがあります。

機能にこだわるか?ブランドにこだわるか?というのは、ラッシュガードを使うシーンによって異なるので、用途に応じてどこに重点を置くか決めればOK。

個人的には、リゾートでシュノーケリングなどのマリンスポーツを楽しむのであれば「機能面重視」で、ブランドは無視してしまってもいいと思います。

 

ラッシュガードの機能

UVカット率

赤道に近いエリアでマリンスポーツなどを楽しむ場合、ラッシュガードを着けていないと肌が真っ赤になります。

そのため、購入するラッシュガードのUVカット率はしっかりと重視したいところ。

UV(紫外線)の遮蔽率にはさまざまな基準値がありますが、最もメジャーな世界的基準値が「UPF」です。

UPF40~50+ UVカット率95%以上(Excellent)
UPF25~39 UVカット率90%以上(Very Good)
UPF15~24 UVカット率85%以上(Good)

最高等級は「UPF50+」なので、UVのカット率にこだわる方は「UPFの数値」に着目して選択するのが良いです。

また、袖口には通常の袖口と、指穴(ハンドゲーター)付きの袖口があります。

指穴付きの場合、穴に指を通すことで、手の甲の日焼けもしっかりガードできます。

速乾性

リゾートで過ごす場合、「海で遊んで ⇒ お部屋で休んで ⇒ また海に入る…」という動作を繰り返すことが多いです。

海に入った後は、太陽の光と海風でラッシュガードを乾かします。その際、乾きやすい素材か?というのは大きなポイント。乾いていないまま着用すると、ヒンヤリとして冷たいです。

伸縮性

マリンスポーツを楽しむ際は「動きやすさ」も重視したいところ。

縦と横の動きでしっかりと伸びる、伸縮性のあるストレッチ素材がおすすめ。

 

ラッシュガードの人気ブランド・デザイン

人気ブランド

ラッシュガードは、サーフィン衣料のブランドが扱っていることが多いです。

Hurley(ハーレー)、Billabong(ビラボン)、Ocean Pacific(オーシャンパシフィック)、PIKO(ピコ)などもロゴ入りのラッシュガードを製造しています。

人気ブランドにこだわりたい人は、ブランドおよびデザインありきで探すのもアリかもしれません。

また、最近ではラッシュガードをメインに企画・生産をしているブランドもあります。

サーフ用UVカットウェアブランドの「PROUV(プローブ)」は、楽天市場の2015年スポーツ・アウトドアジャンルで1位を獲得したリンネ・スノー&サーフが運営するショップです。

UVカットや指穴などの機能はもちろん、ジッパーの金具が首に直接当たらないように「ファスナーガード」が付いていたり、ウェブサイト上で上下組合せのカラーシミュレーションができたりと、日本企業らしい細かな配慮があります。

わたしは、PROUV(プローブ)のラッシュガードを購入し、シュノーケリングする時に使用しました。肌ざわりがよく、ストレッチ素材で縦・横に伸縮するため、マリンスポーツの際におすすめ。

デザイン

デザインは「スタンダードタイプ」と、腰回りを絞った「スリムシルエットタイプ」があります。

デザインは購入する方の好みで選べばよいかと思うのですが、ベースカラーは白ではない方がよいです。

わたしが購入したのはステッチの青色以外「すべて白色」のカラーですが、3日間にわたり海で使用したこともあり、指穴の部分が若干汚れてしまいました。

気になるというほどでもないですが、長く使用するのであれば、白は避けた方がよいかもしれません。

また、お子さんのラッシュガードを購入する場合は、視認性が高いビビッドカラーがおすすめです。

 

ラッシュガードの価格

ラッシュガードの価格帯は、ざっくりと

  • 人気ブランド:4,000円~7,000円
  • 中堅ブランド:3,000円~
  • ノーブランド:1,000円~2000円

です。

機能とブランド・デザインで候補を選んだ後に、価格(予算)で絞って決めていくのがおすすめです。

 

まとめ

ラッシュガードを一枚持っておくと、すり傷防止・日焼け防止だけでなく、肌寒くなった時に羽織るアイテムとしても便利です。

DSC_0144_1bシュノーケリングを楽しみたい!道具の選び方・おすすめグッズと注意点
ハワイやモルディブ、沖縄などのリゾートに旅行したら、ぜひチャレンジしたいアクティビティが「シュノーケリング」です。 今回は、...
IMG_8445bハワイ・ホノルル旅行記4泊6日 ~写真たっぷり39枚でお伝えします~
このページは「ハワイ旅行記(4泊6日)」のトップページ(基幹ページ)です。 「観光・ショッピングをおトクに楽しむ方法」や「日程...
PROUVのラッシュガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA