ガーデンズ・バイ・ザ・ベイを散策!シンガポールの新しいグリーンスポット

ガーデンズバイザベイのOCBCスカイウェイを下から見上げる

マリーナ湾エリアに続々と観光スポットが完成・オープンしているシンガポール。

その中のひとつ「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」は2012年にオープンした大型庭園です。

スポンサーリンク

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)とは

ガーデンズバイザベイの案内図

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは2012年にオープン、シンガポールの新たな観光名所として注目を集めています。

世界最高峰の園芸技術や建築デザインが融合しており、世界に数多ある植物園とは一線を画します。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ園内の植物観賞は無料で、大きな見どころのみ有料になっています。

OCBCスカイウェイ(OCBC SkyWay) スーパーツリー・マングローブをつなぐ高さ22mの吊り橋を空中散歩できる。

夜には19:45と20:45の2回、照明と音響のショー「ガーデン・ラプソディ」も。

S$5
フラワー・ドーム(Flower Dome) 世界各地の気候を再現して、森や花を育てている植物園。

9つの庭園(サッキュラントガーデン、オーストラリアガーデン、南アフリカガーデン、南米ガーデン、カリフォルニアガーデン、地中海ガーデン、オリーブの樹、チェンジング フラワーフィールド ディスプレー)がある。

ハイライトはバオバブとボトルツリー。

S$15(クラウド・フォレストとの共通券)
クラウド・フォレスト(Cloud Forest) 人口の山と霧で雲霧林を再現した施設。

35mの高さから流れる世界最大の屋内滝が見どころ。

S$15(フラワー・ドームとの共通券)

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのフラワードーム&クラウド・フォレストは、お得なパスチケット「シンガポール・フレキシー・アトラクション・パス」の対象になります。

 

スーパー・ツリー・グローブ(Super Tree Grove)

ガーデンズバイザベイの噴水

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの顔ともいえる、シンボリックな見た目をしたスーパー・ツリー・グローブ(SuperTree Grove)が姿を現しました。

キノコや花のような形状をした「鉄製の樹木」に、つる植物が絡んで巻きついています。

スーパーツリーに架かる吊り橋は、OCBCスカイウェイです。

ガーデンバイザベイへの橋

一度階段を上がり、ドラゴン・フライ・ブリッジという橋を渡ります。

幸い天気は快晴なのですが、午前9時の時点で結構汗だくになるぐらいの暑さです(訪れたのは8月なので、日本の方が暑いですけど…)。

IMG_4338b

橋から北方向を見ると、シンガポール・フライヤー(観覧車)を望むことができます。

そしてこの左手にはあの巨大建造物が…。

IMG_4270b

マリーナ・ベイ・サンズ(Marina Bay Sands)が堂々とそびえたっています。

マリーナ・ベイ・サンズは南北に長い建物なので、東側(ガーデン・バイ・ザ・ベイ側)から撮影する場合は、午前中がおすすめです。

逆に、マーライオンがあるマリーナ湾側(西側)からマリーナ・ベイ・サンズを撮影する場合は、午後から夕方にかけて撮影すると、西日が反射して輝くマリーナ・ベイ・サンズを撮影することができます。
ガーデンズバイザベイのヤシの実 ガーデンズバイザベイに咲く赤い花

園内を進むと、南国ならではの、椰子の実や、ビビッドカラーのお花を観賞できます。

ガーデンズバイザベイのOCBCスカイウェイを下から見上げる

そしてやって来ました、スーパーツリー・グローブです。

スーパーツリー・グローブを結ぶ「OCBCスカイウェイ」という吊り橋を渡ってみたいと思います。

 

OCBCスカイウェイ(スーパーツリーグローブ)

SONA

料金は1人S$5。

チケットを購入後、OCBCスカイウェイに昇るためのエレベーターを待ちます。

日本を代表する企業ソナーの扇風機が汗をかいた身体を冷やしてくれます。

ガーデンズバイザベイのOCBCスカイウェイ

地上22mに上がると、景色が一変…。あれ、ちょ、マズイ。

高所恐怖症のわたしには、結構怖いです。

ガーデンズバイザベイのOCBCスカイウェイ

実は、足元は金網になっています。

そのため、地上が透けて見える仕組みです…。ガクガク。

ガーデンズバイザベイのOCBCスカイウェイ ガーデンズバイザベイのOCBCスカイウェイ

この黄色い橋、スーパーツリー・グローブから垂れている金属製のワイヤーだけで支えてるんですよね。

支柱はありません…。

ガーデンズバイザベイのOCBCスカイウェイ

OCBCスカイウェイの中央付近です。

左手に見える高層ビル群は、シティ(金融街)エリア。

ガーデンズバイザベイのOCBCスカイウェイ

カラフルなお花のつる植物が育っています。

やはり、南国の気候が、植物をしっかり育てるのでしょう。

IMG_4311b ガーデンズバイザベイのOCBCスカイウェイ

中国の方々の一団がやってきました…。

橋が崩れるのでは?と、見ているだけで怖いです。

IMG_4324b

地上から見上げて撮影するスーパーツリー・グローブも個性的で面白いショットが撮影できます。

色んな角度で撮影をしてみて、自分ならではのベストショットを探すのも楽しいです。

OCBCガーデン・ラプソディ

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのスーパーツリーグローブ周辺は、夜になると照明と音響のショー「OCBCガーデン・ラプソディ(OCBC Garden Rhapsody)」が開催されます。

闇夜に幻想的に浮かぶスーパーツリーグローブの光は、音楽にあわせて色が変化していきます。

今回は時間の関係から「フラワー・ドーム」と「クラウド・フォレスト」を訪れることができませんでしたが、いつかシンガポールに来る機会があれば、のんびりと園内を散策してみたいです。

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの場所・行き方・アクセス

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、MRTの「ベイフロント駅(Bayfront)」が最寄駅です。

ベイフロント駅はサークルライン(黄色)ダウンタウンライン(青色)の二路線が通っています。

ベイフロント駅に到着したら、「B出口(上記マップの電車マーク)」から外に出ます。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ園内のマップは公式サイトからPDFでダウンロードができます。

GARDENS MAP|Gardens By the Bay(英語)

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの営業時間・料金などの基本情報

場所 18 Marina Gardens Dr.
電話番号 (65)6420-6848
交通 MRT「Bayfront駅」徒歩5分
営業時間
  • 園内全体:5:00am~翌2:00
  • OCBCスカイウェイ:9:00~21:00(チケット販売は20:00まで)
  • クラウド・フォレスト::9:00~21:00(チケット販売は20:00まで)
  • フラワー・ドーム:9:00~21:00(チケット販売は20:00まで)
  • OCBCガーデン・ラプソディ:19:45、20:45
休業日 無休(OCBCスカイウェイのみ月1回不定休)
料金
  • 園内全体:無料
  • OCBCスカイウェイ:S$5
  • クラウド・フォレスト:大人S$28、子供(3才~12才)S$15(フラワー・ドームとの共通券)
  • フラワー・ドーム:大人S$28、子供(3才~12才)S$15(クラウド・フォレストとの共通券)
  • OCBCガーデン・ラプソディ:無料

旅のつづきはこちら

マリーナベイサンズSKYPARKから西側を望むマリーナ・ベイ・サンズ・スカイパーク【展望台】からマリーナ湾の景色を一望します
今や、シンガポールの代名詞ともいえる「マリーナ・ベイ・サンズ(Marina Bay Sands)」。 東側にはガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、そ...
ラオパサ・フェスティバル・マーケットのフライドホッケンミーホッケンミー(ラオパサ)は庶民的かつクセになる味|シンガポールのホーカー
シンガポールには、ストールと呼ばれる屋台が集まる場所「ホーカー(Hawker)」があります。 ホーカーでは、シンガポール名物である...
banner38
ガーデンズバイザベイのOCBCスカイウェイを下から見上げる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA