セントーサ島(Sentosa)の行き方・アクセス方法

セントーサエクスプレス(モノレール)

シンガポール南部のリゾート「セントーサ島(Sentosa)」。

この記事では、セントーサ島への行き方・アクセス方法を紹介します。

スポンサーリンク

 

セントーサ島への行き方

セントーサ島は、シンガポール本島の南部にあり、マリーナベイからもアクセス至近です。

シンガポール本島からセントーサ島へのアクセス方法は、5種類です。

  • セントーサ・エクスプレス:MRTハーバーフロント駅からモノレール
  • セントーサ・ボードウォーク:MRTハーバーフロント駅から徒歩
  • セントーサ・ケーブルカー:MRTハーバーフロント駅からロープウェー
  • セントーサ・ライノ・フィーダー:シンガポール航空運営の観光バス
  • タクシー

MRTハーバーフロント駅への行き方と所要時間

セントーサ島のMRT最寄駅「ハーバーフロント」駅は、

  • NE(ノース・イースト・ライン)
  • CC(サークル・ライン)

の二路線が通っています。

シンガポールMRTの路線図

MRT「ハーバーフロント駅」への行き方と所要時間をざっくり、まとめました。

プラン ルート 所要時間(乗り換え時間含む)
マリーナ・ベイ・サンズ、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイから向かう場合 Bayfront(DT16) ⇒ (DT19)Chinatown (NE4)⇒ (NE1)HarbourFront 約17分
オーチャードから向かう場合 Orchard(NS22) ⇒ (NS24)Dhoby Ghaut (NE6)⇒ (NE1)HarbourFront 約16分
チャンギ国際空港から向かう場合 Changi Airport(CG2) ⇒ (EW4)Tanah Merah(EW4)  ⇒ (EW16)Outram Park(NE6) ⇒ (NE1) HarbourFront 約49分

 

セントーサ・エクスプレス(Sentosa Express)

IMG_5176b

モノレールのセントーサ・エクスプレス(Sentosa Express)は金額も手ごろ(S$4)で、もっともポピュラーな移動手段です。

地下鉄MRTハーバーフロント駅(HarbourFront)E出口から「VivoCity」のL3フロアでチケットを購入します。運行間隔は5分~8分程度。

名称 セントーサ・エクスプレス(Sentosa Express)
種類 モノレール
料金 S$4
時間 am7:00-mn0:00

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールに行く場合は、セントーサ・エクスプレスがおすすめ。

IMG_5360bユニバーサルスタジオシンガポールのチケット購入方法(記入例付き)と料金
シンガポール本島の南端に位置するセントーサ島は、シンガポール政府が観光開発に力を入れており、大きいバージョンのマーライオン「マ...

 

セントーサ・ボードウォーク(Sentosa Boardwalk)

セントーサ・ボードウォークは、シンガポール本島からセントーサ島まで歩いて渡ることができる橋です。

ウッドデッキを歩いて雰囲気を楽しむこともできますし、並走している屋根付きの動く歩道を歩くこともできます。セントーサ島までは約10分程度。

本来は入島料S$1かかるところ、2016年末まで無料です。

セントーサ・ボードウォークまでは、地下鉄MRTハーバーフロント駅(HarbourFront)E出口から「VivoCity」のL1フロアを経由して向かいます。

名称 セントーサ・ボードウォーク(Sentosa Boardwalk)
種類 徒歩(動く歩道)
料金 S$1(2016年12月末まで無料)
時間
  • チケット売り場:am9:00~pm22:00
  • ボードウォークを歩ける時間:24時間
  • 動く歩道稼働時間:am7:00~mn0:00

 

セントーサ・ケーブルカー(Sentosa Cable Car)

日本でケーブルカーというと「山の斜面を登る電車」を思い浮かべますが、セントーサ・ケーブルカーはゴンドラ式のロープウェーです。路線は2種類。

  • Mount Faber Line(シンガポール本島とセントーサ島を南北に結ぶ路線)
  • Sentosa Line(セントーサ島内を東西に結ぶ路線)

眺めがよく、360℃のパノラマが楽しめる反面、金額が高いため、「セントーサ島に半日で立ち寄る程度」の場合は、かなり割高な印象です。

セントーサ・ケーブルカーは、「一日かけてセントーサ島内の施設を満喫する予定」の方にはよいかもしれません。

セントーサ・ケーブルカーの「ハーバーフロント・ステーション(HarbourFront Station)」は、HarbourFront Tower 2という建物の2階にあります。

地下鉄MRTハーバーフロント駅(HarbourFront)B出口からリンクブリッジを渡って約5分です。

名称 セントーサ・ケーブルカー(Sentosa Cable Car)
種類 ロープウェー
料金 Mount Faber Lineのみ

  • 大人:S$26
  • 子供:S$15

Sentosa Lineのみ

  • 大人:S$13
  • 子供:S$8

Mount Faber Line + Sentosa Line

  • 大人:S$33
  • 子供:S$22
時間
  • am8:45-pm22:00 (最終はpm21:30)

 

セントーサ・ライノ・フィーダー(Sentosa RHiNO Feeder)

セントーサ・ライノ・フィーダー(Sentosa RHiNO Feeder)は、シンガポール航空運営の観光バスです。

マリーナエリアのシンガポール・フライヤー(観覧車)とセントーサ島を「約30分(最終便は約45分)」で結びます。

sia_hop_on_bus【SIAホップオンバス】は交通に便利な移動手段!シンガポール航空の航空券半券で割引に
シンガポール観光の移動手段で便利なのが「地下鉄MRT」。 MRTは金額も安く、乗り換えも簡単なので、日本の地下鉄と同じような感覚で...
名称 セントーサ・ライノ・フィーダー(Sentosa RHiNO Feeder)
種類 バス
料金 一般料金(一日券)

  • 大人:S$25
  • 子供:S$15

シンガポール航空割引(一日券)

  • 大人:S$8
  • 子供:S$4
時間
  • am10:00-pm18:30

 

タクシー(Taxi)

タクシーの場合、タクシー料金とは別に、入島料がかかります。

時間帯 平日 土日・祝日
7:00~11:59 S$5 S$6
12:00~14:00 S$2 S$6
14:01~17:00 S$5 S$6
17:01~18:59 S$2 S$3

まとめ

セントーサ島への行き方で一番シンプルなのは「MRT+セントーサ・エクスプレス」です。

ただし、当日の天気やプランによっては、ボードウォークやケーブル・カーを利用してみるのもよいかもしれません。

banner38
セントーサエクスプレス(モノレール)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA