VELTRA(ベルトラ)オプショナルツアー体験談!口コミと評判

タンタラスの丘の夜景

海外旅行で観光名所巡りや次の街への移動をする際、すべて個人で手配をするのではなく、海外オプショナルツアーを利用するという選択肢があります。

GoogleやYahoo!で「オプショナルツアー」と検索すると一番上に出てくるウェブサイトがVELTRA(ベルトラ)で、新婚旅行や卒業旅行で利用される方も多いです。

わたしは海外オプショナルツアー予約サイトVELTRA(ベルトラ)で過去計6回ツアー予約・利用したことがあります。ここでは、VELTRA(ベルトラ)の特徴(他社サイトとの違い)・デメリット・体験談について書いていきます。

VELTRA

 

VELTRA(ベルトラ)とは?

VELTRA(ベルトラ)は、「海外と国内の現地オプショナルツアー」を、最低価格保証付きで予約できる、現地オプショナルツアー専門のウェブサイトです。

VELTRA(ベルトラ公式)

VELTRAの特徴を簡潔にまとめると、

  • 豊富な参加体験談や口コミを見れる
  • 24時間オンライン予約が可能
  • 世界113ヵ国326都市のオプショナルツアー
  • 取扱いアクティビティ数15,234以上

オプショナルツアーの中には、フランスのモン・サン・ミッシェルやドイツのノイシュヴァンシュタイン城を巡る「一日がかりのバスツアー」もあれば、人気レストランの予約や空港送迎といった「短時間の小さなプラン」まで取扱いしています。

圧倒的に豊富な口コミ数

VELTRAの最大の特徴は、口コミが豊富な点です。VELTRAの口コミ数は、他のオプショナルツアー予約サイトとは比較にならないほど、口コミが豊富。また、モニタープランの体験談投稿を400字以上としているため、口コミの内容も一件一件が濃いです。

口コミや評判がよくないツアー会社やツアープランは淘汰されていきますので、消費者側はできるだけ内容や口コミがいいプランを選択することができます。

ネットやスマホが普及する前は、ツアーとは関係のないお土産屋さんに連れて行かれたりすることが多々ありました。ツアーの催行会社はお店からキックバックをもらっているため、できるだけバックが大きいお店に連れて行くわけです。

しかし、今は無理にそんなことをすると悪い口コミが広がってしまいます。そのため、自然と競争力が上がり、いいツアーが生き残り、悪いツアーは淘汰されていくことになります。

現地からの予約も可能(電子バウチャー対応)

VELTRAでのツアー予約後、登録メールアドレスにバウチャーが届きます。以前は紙でプリントアウトして現地に持って行く必要がありましたが、スマホが普及した現在は多くのツアーが電子バウチャーに対応しています(対応していないツアーもあるので確認ください)。

電子バウチャーの場合、印刷する手間が省けるため、現地到着後も気軽に予約可能ですね。ただし、予約満了の場合がありますので、事前に何日前に予約が必要か確認しておくとよいです。

VELTRA(ベルトラ公式)

マイバスやViatorとの比較

オプショナルツアー予約サイトには、VELTRAの他にもJTBのマイバスや、海外で人気のViator(ビアター)などがありますね。

VELTRAはアクティビティ・口コミの数が豊富で、口コミはすべて日本人の口コミです。数あるオプショナルツアーの中から、口コミを読み込んで比較検討できるのがメリットです。また、VELTRAでは自社催行のツアーは行っておらず、すべて他社催行のツアーとなっています。

JTBのマイバスはツアー取扱い数が少ないものの、自社催行のツアーが多数あります。ViatorはVELTRAやマイバスで取扱いが少ない、「観光の割引パス」のラインナップが豊富です。

 

わたしがVELTRAで参加したオプショナルツアー

veltra02

わたしはこれまでに計15ヶ国以上海外旅行を経験し、VELTRA掲載のオプショナルツアーを6回、他社サイト掲載のオプショナルツアーを3回利用したことがあります。

  • ハワイ タンタラスの丘 夜景観光(VELTRA)
  • ハワイ パラセイリング(VELTRA)
  • ドイツ ロマンティック街道~ノイシュヴァンシュタイン城(他社サイト)
  • イギリス コッツウォルズ散策(他社サイト)
  • フランス モン・サン・ミシェル観光(他社サイト)
  • アブダビ デザートサファリ(VELTRA)
  • バリ ウルワツ寺院観光(VELTRA)
  • バリ カーチャーター(VELTRA)

VELTRAは掲載の口コミや写真が豊富なので、選びやすくていいですね。

 

オプショナルツアーの魅力・メリット

わたしは、極力、自分ひとりで予約(購入)できることは、自分自身で行うようにしています。たとえば、このブログに投稿した旅行記事だと、ドバイのブルジュ・ハリファ展望台予約、ニューヨークシティパス購入などです。また、移動も安全かつ自分で行けるところは自分で行きます(ドイツのDB列車旅行、ハワイのレンタカー運転等)。

しかし、自分ひとりでは実現できなかったり、危険(リスク)がやや高いと判断したものは、現地オプショナルツアーを利用するようにしています。

現地オプショナルツアーの魅力は下記の3つです。

  • 思い出+α / ツアーでしかできない体験ができる
  • リスク回避 / 安全に車で運んでくれる(+移動中寝れる)
  • 知識が深まる / 歴史背景や裏ストーリーをガイドさんが教えてくれる

思い出+α / ツアーでしかできない体験ができる

たとえば、パラセイリングやデザートサファリ、ヘリ遊覧飛行などのアクティビティは、自分ひとりで体験することができず、専門家に任せないと経験できません。

また、バスツアーであれば、人気の観光スポットはもちろん、ガイドブックに小さくしか載っていないような街や村を訪問できるものもあります。意外と、個人旅行オンリーの場合、限られた時間やコストの関係から、小さな街を訪れるのは難しいです。

またその際、ガイドさんやツアー参加者がいると、写真撮影をお願いすることができるのも地味にイイ点です。写真に残したくないですか?婚前旅行の方であれば結婚式のムービーや、新婚旅行の方は翌年の年賀状の写真として…。

リスク回避 / 安全に車で運んでくれる(+移動中寝れる)

これについては、多少バイアスがかかっているかもしれません。というのも、ローマではテルミニ駅でぼったくりタクシー、ピサのバス停留所でジプシーの女スリ集団に遭遇、パリのサクレクール寺院で折りたたみ傘、カフェでiPhoneを盗まれているので…「というか、被害に遭いすぎだろ!」というツッコミをいただきそうな場面ではありますが、海外に行ったら何かしらのトラブルには遭うものです。

治安がよくないエリアの場合、自分たちのみで行動すると、犯罪などの危険に巻き込まれるリスクがあるので、リスク回避の手段としてツアーを利用するという選択肢もあります。

知識が深まる / 歴史背景や裏ストーリーをガイドさんが教えてくれる

歴史的建造物や世界遺産などを観光の際は、当時の歴史上の人物や民衆に思いを馳せるのも、ひとつの楽しみです。その分野に長けたガイドさんがいれば、ガイドブックには載っていないような歴史背景や裏ストーリーを教えてくれる場合もあります。

VELTRA(ベルトラ) 渡航先のオプショナルツアー一覧

 

オプショナルツアーのデメリット

しかし、オプショナルツアーにもデメリットがあります。最大かつ唯一のデメリットは、「集合時間が決まっていること」です。

オプショナルツアーのピックアップは、宿泊ホテルであることがほとんどなので、ホテルを順番にピックアップして回っていきます。もし集合時間に遅れてしまうと他の参加者の方にも迷惑がかかってしまうわけです。

ツアー参加の集合時間前には、余裕をもって集合場所に行く必要があります。ツアー参加前の予定は、タイトなスケジュールを組むのがむずかしくなります。その点だけ注意ですね。

 

オプショナルツアー体験談・口コミ

ハワイ タンタラスの丘夜景 観光

タンタラスの丘の夜景

わたしがVELTRAで参加したハワイのタンタラスの丘夜景観光では、ハワイの心地よい夜風を浴びながら、ワイキキを望む夜景を観賞しました。ワイキキの街は、温かみのある電求色の灯りが多いため、日本の街で観る夜景とはまったく別世界です。

この旅行ではハーツレンタカーで車を借りていたため、自分自身の運転でタンタラスの丘に行くこともできたのですが、平和なハワイとはいえ、タンタラスの丘周辺は結構治安が悪いとのことでしたので、安全面を考慮し、ツアーで行くことにしました。

ハワイ パラセイリング

IMG_4938b

同じくホノルルで、パラセイリングを体験です。洋上や空の上から見えるホノルルの街は美しい。

アブダビ デザートサファリ

アブダビの砂漠

アブダビではデザートサファリツアーに参加。トヨタの4WD「ランドクルーザー」に乗って砂漠を滑走し、砂漠の真ん中で沈む夕日を眺めました。その後は、絨毯の上で夕食を食べ、UAE名物の水タバコを同じツアーに参加したイタリア人のミルコさんというおじさんと、一服しながら談笑。

なお、VELTRAの下に入り、現地でツアーを行っていたのはアラビアン・アドベンチャーというUAE大手のツアー会社でしたので、安心して参加できました。しかし、ドライバーの方が陽気でイイ方だったので、最後お別れの時に調子乗ってチップをはずんでしまいましたが;

ドイツ ロマンティック街道~ノイシュヴァンシュタイン城

IMG_1696b

ドイツはヨーロッパの中でも比較的治安がよいので、自分でDB(ドイツ鉄道)に乗り、長時間の列車旅行をすることも十分可能です。

しかし、南部のロマンティック街道を巡る旅については、「ヴュルツブルク~フュッセン間の距離(約366キロ)」なので、車移動が必要です。この時はロマンティック街道をめぐるバスツアーに参加しました。

イギリス コッツウォルズ地方

DSC01383b

初めてのイギリス旅行では、ほとんどの方が首都ロンドンに行かれると思いますし、わたしもロンドンで大英博物館などを鑑賞しました。

しかし、都会のロンドンだけではなく、味わい深い「はちみつ色」の景観を楽しめる「コッツウォルズ地方」を見てみたかったので、オプショナルツアーを予約。バスで移動しながら、小さな街(ボートン・オン・ザ・ウォーター、バイブリー)にも立ち寄ることができました。

フランス モン・サン・ミッシェル

IMG_3115b

フランスは、日本人が持つ華やかなイメージとは裏腹に、あまり治安が良いとは言えません。フランス北西部のモン・サン・ミッシェル観光は、パリからバスで高速と下道を使って片道約370キロ。何時間も移動するツアーです。ツアーに参加することでリスクを回避し、安全を買うという選択をしました。

日本人はモン・サン・ミッシェルが大好きなのでツアー参加者も多く、ガイドさんがモン・サン・ミッシェルマニアみたいな方だったので、向かう道中では歴史の裏話を詳しく教えてくれました。

VELTRA(ベルトラ公式)

 

まとめ

他にも、VELTRAポイントが貯まったりするというメリットもあります。しかしそれよりも、口コミでツアーを比較したうえで海外旅行で安全に思い出をつくれるというのがVELTRAオプショナルツアーの魅力です。

体力に余裕があれば、車窓から見える景色を眺めて楽しむもヨシ、長旅で疲れていれば、睡眠して回復するもヨシなので、7、8泊するような長期旅行の場合は、一日ツアーの日を組み込んでおくのもアリです。

ツアー料金だけ見れば値段は高く感じるかもしれませんが、結構面白い組み合わせのツアーもあります。海外旅行を計画中の方は、オプショナルツアーで+αの体験を検討してみるのもよいかもしれません。

海外現地オプショナルツアーなら【Alan1.net / VELTRA】

海外現地オプショナルツアーなら【Alan1.net / VELTRA】

タンタラスの丘の夜景

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA