ハワイ・パラセーリング体験談!高所恐怖症でも大丈夫?おすすめの高さは?

IMG_4938b

ハワイ・オアフ島旅行で参加したアクティビティのひとつに、「パラセーリング(parasailing)」があります。パラセイリングは、身体にパラシュートを装着し、海の上を走る船に引っ張ってもらうアクティビティです。

実はわたし、まあまあの「高所恐怖症」でして、オプショナルツアーのサイトで見た「高さ110m/高さ130m/高さ150m」の数字にビビッていました。

さらに追い打ちをかけるように、オプショナルツアーのページにも「高所恐怖症の方にはお勧めできません」とさえ書いてあります。

そんな高所恐怖症のわたしが、参加したホノルルのパラセーリングは果たして楽しめたのか?

  • パラセーリングに持っていくとよいもの
  • チップはいくら?
  • 高所恐怖症でも大丈夫?
  • パラセーリング体験の感想

を、自身の経験をもとにご紹介していきたいと思います。

VELTRA

 

パラセーリングの申込・予約

VELTRAで「エクストリームパラセーリング」を予約

パラセーリングの申込は、日本で事前に、オプショナルツアーサイト「VELTRA」から予約しました。

高さは110m/130m/150mの3種類。案の定、パラセーリングツアーの「高さ表示」にビビり、決断するまでに時間がかかりました…; 結局、わたしが選んだのは一番低い「110mのプラン」です。

今回のオプショナルツアーを現地で行っていたのは「エキストリームパラセーリング」というツアー会社です。

VELTRAiconで予約を完了したら、日本でバウチャーを印刷して、ハワイに持っていくだけです。プランによっては、宿泊ホテルまで専用トロリーバスで迎えにきてくれて、帰りも送ってくれます。

専用トロリーで席がすいているため、ワイキキのビーチや街をのんびり眺めることができました。

 

パラセーリングに持っていくとよいもの

船の上は揺れるので酔います【酔い止め必須】

エクストリームパラセーリングは、アラモワナ公園の西側にある「ケワロ湾」からボートに乗り、南の洋上へ向かいます。

IMG_4938b

パラセーリングのアクティビティに参加する船は、12人乗りのボートです。自分たち以外に4、5組の参加者がいるため、自分たちがパラセーリングをする時間以外は、洋上の揺れる船で待機することになります。

そのため、酔い止め薬は、事前(30分前)に飲んでおいた方がよいかと思います。

わたしは酔い止め薬を飲んで参加したので酔いませんでしたが、周りの参加者の外人女性の方が、一人完全ダウンしていました。

いくら景色が美しい青い空青い海のハワイとはいえ、酔いで気持ち悪くなってしまうと、台無しです。

おすすめは、エスエス製薬のアネロンです。

チップはいくら必要?

チップについては、全員のアクティビティが終わり、船が島に戻る頃になると、周りの外人さんが皆1人$10.0を手に持っていました。なので、参加者1人につき$10.0が相場なのかな?と思います。

ただ、口コミを見ると「チップは$5.0にしました」という方もいるので、満足度によって変えてみてもよいのかもしれません。

わたしは、船を降りる際、1人チップ$10.0を手渡しました。

 

パラセーリング体験

写真撮影

写真撮影については、別途$30.0を支払うと、一眼レフで船の上からバシバシ写真を撮ってもらえます。わたしは2GBのSDカードをそのままもらいましたが、人によってはDVD-Rなどに焼かれて渡されることもあるようです。写真は99枚でした。

IMG_4936b

$30.0なので金額は高いですし、構図など写真の撮り方が上手とはいえません。

しかし、自分たちが空に浮いている写真だけでなく、空の上に出発した直後や、着水した瞬間、ワイキキの島の風景も撮影してくれるので、個人的にはお願いしてよかったと思います。

高所恐怖症でも大丈夫?

さて、問題の高所恐怖症ですが、結論からいうとまったく問題ナシでした。

恐くなかった原因を冷静に考えてみた結果、以下の2つがあげられます。

  • ダイヤモンドヘッドやワイキキの景色が美し過ぎるため、恐さがなくなる
  • 最悪ロープが切れて落下しても、下はコンクリートじゃなく海水だし、なんとかなりそうな気がする

個人的には、シンガポールのガーデンズ・バイ・ザ・ベイにある高さ22mのスカイウェイの方が余程恐かったです。22mとはいえ、もし落ちたら死んでしまうので。

高所恐怖症の人にとっては、「落ちたら死ぬの?死なないの?」という判断基準が、重要なんだと思います。

逆をいえば、洋上でなく陸上のパラセイリングは、高所恐怖症の方は無理です。落ちたら生きて帰ってこれなそうなので…。

海水で濡れることはあるのか?

パラセーリングで気になることのひとつが「海水で濡れることはあるのか?」という心配です。常夏のハワイといえど、いきなり水に浸かったらかなり冷たいです。

結論からいうと、海水に浸かります。ただし、浸かるのはお腹から下だけで、顔が濡れる心配はないです。

海水で濡れるタイミングは、パラセーリングで空の旅を終えた後、ボートに戻る前に2、3回ほど海水に着水します。その際、お腹から下の部分が海水に浸かります。

すごく冷たいですが、「うわー!冷たい!」とはしゃぐのも、いい思い出だと思います。

パラセーリング体験の感想

IMG_4949b

ワイキキビーチの喧騒とは違う、静かな世界があります。聴こえるのは心地よい風の音だけです。鳥になったような気分が味わえます。

パラセーリング自体も初体験ですが、「空の上に浮いている」ということ自体が初めての体験なんだと気づかされます。

当日の天気にもよりますが、空の上から眺めるオアフ島およびワイキキ・ダイヤモンドヘッドの景色はとても美しい。あの景色は、今でも目の奥に焼き付いています。

おすすめの高さ

高さはビビッて一番低い「110m」を選びましたが、個人的には150mでも大丈夫だったのでは…と思います。

オプショナルツアーサイトの口コミにもありますが、メートル表示は「海面からの垂直の高さ」ではなく、「ロープの長さ」だと思います。

数字だけ見るとかなり恐いように思えますが、110mでも恐くないなら150mでも大丈夫だと思います。

 

まとめ

ということで、高所恐怖症の方でもパラセーリングは大丈夫です!落ちても死なないですから…たぶん。

空の上で「鳥になった気分」で、素敵な景色を楽しんでみてください。

VELTRA
VELTRA
IMG_4938b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA