ホテル予約サイトの領収書の取り方まとめ

hotel_receipt03

この記事では、国内出張や海外出張の宿泊後に「領収証の有無」で困らないために、ホテル予約サイトの領収証の取得方法をまとめます。

各予約サイトのカスタマーズサービスやヘルプに問い合わせて調べてみました。

ホテル宿泊費について領収書が必要な場合は、下の目次からチェックしてみてください(経費申請については自己責任でお願いします)。

スポンサーリンク

 

事前決済の領収書と現地決済の領収書

マンダリンオリエンタルシンガポールウェイティング

近年、ホテル予約サイトにも日系ホテル予約サイト(じゃらん、JTB…)だけでなく、外資系の予約サイト(Booking.com、Hotels.com、agoda…)が増えてきています。

ホテル予約の決済方法については「事前決済」「現地決済」があり、各ホテル予約サイトによって取扱いが異なります。

参考:海外ホテル予約サイト【比較表あり】

事前決済のケース

事前決済の場合は、ホテル予約時にクレジットカードやPayPalでホテル側に支払いを完了します。そのため、現地決済よりもおトクな料金で提案されることが多く、おトクな価格で宿泊ができます(しかし、キャンセルできないのがデメリット)。

事前決済の場合は、支払いを完了しているためオンラインで領収書を発行できるケースが多いです。

現地決済のケース

一方、現地決済の場合は、ホテル予約時はクレジットカード情報を登録するのみで、ホテルに支払いはしません。実際に宿泊した時に支払いをします。

そのため、現地決済の場合は、ホテルから直接領収書を受け取ります(その際、ルームサービスやミニバーの料金もあわせて記載されます)。

 

会社に提出するホテルの領収書

出張などでホテルを予約する場合、ホテルに泊まった後は、勘定科目を旅費交通費として会社の経理に領収書を提出し、経費申請することになります。

経費申請する際の領収書については、予約後にメールで送られてくる予約確認書で問題ないケースもあれば、ホテル側から直接渡される領収書でないとダメと言われるケースもあり、ケースバイケースというのが実情のようです。

しかし本来、領収書とは、代金を支払者から受取人が金銭を受けとった証明として、受取人が支払者に発行する書類です。

そのため、「現地決済」を選択した場合は、支払者(宿泊者)は受取人(ホテル側)に支払いを完了していないため、受取人(ホテル側)が支払者(宿泊者)に領収書を発行することはありえないわけです。

また、支払いを完了していないにもかかわらず、予約時の「予約確認書」が領収書として認められるのであれば、事実上、「不正な経費申請が可能」ということを意味します。

念のため、宿泊する前に「経費申請として認められる領収書」を、勤務先の経理担当者に確認しておくのがベストといえます。

 

Booking.com(ブッキングドットコム)の領収書

Booking.com(ブッキングドットコム)は、アメリカ合衆国のプライスライングループが運営する世界最大の宿泊サイトです。

Booking.comでホテルを予約した場合、事前決済の場合も現地決済の場合も、宿泊時にホテル側が領収書を発行します。

しかし、ヨーロッパの一部のホテルでは、Booking.comが宿泊者より代金を受領するケースがあり、その場合は予約確認書と領収書をBooking.comが発行しています。

下の画像は、Booking.com側が領収書として認識していない「予約確認書」です。まだ決済を行っていないため、ホテル側に支払いをしていません。

Booking.comの予約確認書

Booking.comの予約確認書

 

Hotel.com(ホテルズドットコム)の領収書

Hotels.com(ホテルズドットコム)は、エクスペディアの子会社が運営するホテル予約サイトです。

Hotels.comは10泊すると1泊無料になる「Hotels.com Rewards(ホテルズドットコムリワーズ)」という宿泊特典を用意しているため、「出張で宿泊特典を貯めて、プレイベートで宿泊特典を使う」という裏ワザも可能です。

Hotels.comの領収証は3種類あります。

  1. 予約確認メール
  2. チェックアウト時にホテルから領収書を受け取る
  3. オンラインでの予約確認

Hotels.comのホテル予約も事前決済と現地決済があり、事前決済の場合は上記(①~③)すべて領収書という扱いです。

一方、現地決済の場合は、②の「チェックアウト時にホテルから領収書を受け取る」のみが領収書となります。

予約確認メール

ホテルズドットコムの領収書(予約確認メール)
ホテルズドットコムでホテルを予約後、登録したメールアドレスに「予約確認メール」が送られてきます。

「予約確認メール」が領収書となります。

チェックアウト時にホテルから領収書を受け取る

ホテルに宿泊後、チェックアウト時にホテルから直接「領収書」を受け取れます。

この際は、ルームサービスやミニバーなどの金額も記載された総額の領収書です。

オンラインでの予約確認

ホテルズドットコムの領収書取得方法
ログイン後、「お客様のご予約内容」をクリック。

 

hotels_receipt03b
予約管理画面から、領収書を印刷したい宿泊予定(あるいは宿泊済)のホテルを選択し、「予約を表示する」をクリック。

 

hotels_receipt04b
「このページを印刷する」で印刷が可能です。

 

Hotels.comの領収書

Hotels.comの領収書

 

Expedia(エクスペディア)の領収書

Expedia(エクスペディア)は、元々マイクロソフトの旅行予約部門で、現在はNASDAQに上場。規模は世界No.1です。

Expediaは

  1. チェックアウト時にホテルから領収書を受け取る
  2. オンラインでの領収書印刷

があります。

カスタマーサポートに聞いてみたところ、「現地決済の場合はホテルから直接受け取る領収書、事前決済の場合はオンラインでの領収書印刷となる」とのことでした。

しかし実際には、現地決済の場合でもオンラインの領収書印刷は可能です。

expedia_receipt01b
トップページメニューバーの「旅行を管理する」をクリックし、「旅程」をクリックして進む。

 

expedia_receipt02b
ホテルのメニューから「予約の確認へ」をクリック。

 

expedia_receipt03b
「予約済みの旅程」と、「宿泊完了済の旅程」をタブで選択できます。

ホテル予約一覧から、領収書を印刷したいホテルをクリック。

 

expedia_receipt04b
「領収書を印刷する」を押す。

 

expedia_receipt05b
宛名などの入力が可能です。

入力を終えたら、「領収書/取引記録のプレビュー」を押す。

 

Expediaの領収書

Expediaの領収書

 

agoda(アゴダ)の領収書

agoda(アゴダ)は、本社をシンガポールに置くアジア圏に強い宿泊予約サイト。

agodaは

  1. チェックアウト時にホテルから領収書を受け取る
  2. オンラインでの領収書印刷

があり、事前決済の場合は上記①と②どちらも領収書となります。一方、現地決済の場合は①のみとなり、宿泊ホテルに支払後、直接領収書を受け取ります。

オンラインでの領収書印刷

 

agoda_receipt03b
ログイン後、トップページで「MY予約」をクリック。

 

agoda_receipt04b
MY予約から領収書を発行したいホテルを選択し、「予約を管理」をクリック。

 

agoda_receipt05b
左側メニューバーの「領収書の発行」をクリックして、領収書を印刷できます。

 

まとめ

追加するホテル予約サイトがあれば、随時、更新していきます。

bookingcom02

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】

hotel_receipt03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA