株主優待が魅力のSFPダイニング[3198]。磯丸水産で海鮮丼ランチを食べてきました

DSC03762

2012年の冬あたりに「海鮮居酒屋」がブームとなりましたが、ブームの火付け役になったのが「磯丸水産|さかな貝加工センター」ではないでしょうか?3年前は「あまり店舗数がないな~」という印象でしたが、2015年8月3日現在、東京都内で64店舗も展開しているんですよね。

その磯丸水産を運営している企業がSFPダイニング[3198]で、昨年2014年12月16日に東証二部に上場しています。

SFPダイニングは年2回の株主優待(後述)もあります。

スポンサーリンク

 

「磯丸水産」でランチ

磯丸水産は夜飲みに行く時にしか利用したことがなかったのですが、平日はランチもやっているんですよね。

DSC03752

今回、午前中に新宿で用事があったので、その後に西新宿の磯丸水産でランチをすることに。店舗の立地が大ガード交差点を北側に越えなきゃいけないエリアでアクセスしにくいということもあってか、お昼12時前にもかかわらず激空きでした。

DSC03757

今回は飲みませんでしたが、お昼はお酒が結構安いですね。

DSC03768

「おまかせ寿司10貫(1,139円、税込1,230円)」や「おまかせ寿司8貫(852円、税込920円)」などもありましたが、結局上記メニュー右下の「まぐろネギトロ丼(583円、税込630円)」と「海苔味噌汁(97円、税込105円)」をいただくことにしました。

DSC03762

まぐろ4枚とネギトロが敷き詰められています。味は値段相応で「何これ!むちゃくちゃ美味しい!」なんていうことはないわけですが、まあ普通に美味しいです。実際にスーパーで刺身買ってきて同じようなネギトロ丼を作ろうと思うと、630円は余裕で超えちゃうと思うんですよね。

 

「磯丸水産」で使える株主優待

SFPダイニング[3198]の株主優待(100株以上、年2回/3月,9月)

SFPダイニング[3198]の株主優待(権利確定基準月:年2回/3月,9月)
100株以上 4,000円相当のお食事券

 

SFPダイニング[3198]の株を100株保有すると、4,000円相当のお食事券×年2回=年間8,000円相当のお食事券がいただけます。

利用可能店舗はSFPダイニング[3198]のIRページに掲載されていますが、(一部店舗を除いた)「磯丸水産」や手羽先唐揚専門店の「鳥良」などで利用出来ます。

また、SFPダイニング[3198]の主要株主であるクリエイト・レストランツ・ホールディングス[3387]の株式も保有すると、さらにお食事券をいただけます(下記記載)。

クリエイト・レストランツ・ホールディングス[3198]の株主優待(100株以上、年2回/2月,8月)

クリエイト・レストランツ・ホールディングス[3198]の株主優待(権利確定基準月:年2回/2月,8月)
100株以上300株未満 3,000円相当のお食事券
300株以上1,500株未満 6,000円相当のお食事券
1,500株以上 30,000円相当のお食事券

 

クリエイト・レストランツ・ホールディングス[3198]の株主優待では(ご利用可能店舗はIRページからご確認いただければと思いますが)SFPダイニングと同様に磯丸水産や鳥良に加え、体にやさしい自然食バイキングの「はーべすと」等でも利用可能です。

つまり、SFPダイニング[3198]とクリエイト・レストランツ・ホールディングス[3387]の株式を100株ずつ保有していると、磯丸水産と鳥良で使えるお食事券「年間14,000円相当」をいただけるということになります。

まあ、そこまでしてこの企業にリスクを傾けるのもどうか…というところではありますので、わたしはひとまずSFPダイニングのみ100株保有しています。

 

SFPダイニング[3198]の主要指標とチャート(2015年8月3日現在)

主要指標

SFPダイニング[3198]の主要指標
株価 1,870円
単元株数 100株
最低購入代金 187,000円
PER(会社予想) (単)24.43倍
PBR(実績) (単)3.18倍
ROE(実績) ―%
配当利回り(会社予想) 0.00%

チャート(1年)

sfpdining-chart1-20150803

SFPダイニングは昨年12月に上場したばかり、決算月は9月です。IRページの第1四半期および第四半期の決算短信を見る限りは、売上高・営業利益・経常利益ともに順調に推移しています。

sfpdining-20150803

なお、現在含み益のあるSFPダイニングの株式はNISAの枠が余っているのにもかかわらず、特定口座で購入してしまいました。一方、逆ザヤになってしまったイマジニア[4644]はNISA枠で購入しているという矛盾が生じています。NISAの枠をどう使っていくかは結構難しい判断だと思うのですが、「この株はNISA、この株は特定口座」という棲み分けに変な神経を遣うくらいであれば、「NISA枠を使い切ったら特定口座」と割り切ってしまう方がよいのかもしれません。

次の権利確定月(9月)までホールドしているか分かりませんが、株主優待のお食事券をいただくことがあれば、磯丸水産のランチで利用してみたいと思います。

DSC03762

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA