マリーナ・ベイ・サンズ・スカイパーク【展望台】からマリーナ湾の景色を一望します

マリーナベイサンズSKYPARKから西側を望む

今や、シンガポールの代名詞ともいえる「マリーナ・ベイ・サンズ(Marina Bay Sands)」

東側にはガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、そして西側にはマリーナ・ベイを一望できるビューポイントです。

57階には屋上の展望台「サンズ・スカイパーク(SANDS SKYPARK)」があり「マリーナ湾を一望できる眺望」が待っています。

スポンサーリンク

 

マリーナ・ベイ・サンズ(Marina Bay Sands)

マリーナベイサンズ東側

シンガポールの名所になりつつある「マリーナ・ベイ・サンズ」は、ラスベガスの運営会社「ラスベガス・サンズ」により運営されています。

完成は2010年。

ホテル・カジノ・ショッピングモール・美術館の入る複合リゾートホテルです。

IMG_4363b 真下から見るマリーナベイサンズ マリーナベイサンズ建物内

マリーナ・ベイ・サンズの中に入ると、上記写真ような内部構造になっています。

左側と右側に見えるのは客室通路です。

左側がマリーナ・ベイ・サンズの東側(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ側)なのですが、東側は建物が沿っている分、客室へつづく通路が「逆ひな壇状」になっています。

中にたくさん鉄筋が入ってるんでしょうけど、こう見ると結構怖いです。

 

サンズ・スカイパーク(SANA SKYPARK)展望台

マリーナ・ベイ・サンズの屋上にある展望台が「サンズ・スカイパーク(SANDS SKY PARK)」です。

サンズ・スカイパークへの行き方

サンズ・スカイパーク展望台の入り口は「地上階」にあります。

あるはず…なのですが、場所が分かりづらい!結局、10分以上迷いました。

これから訪問される予定の方は、下記を参照いただければと思います。

「サンズ・スカイパーク(SANS SKY PARK)」に行くには、タワー3の地上階から一度外へ出て、専用のエスカレーターに乗り、地階のチケット売場まで降りる必要があります。

上記埋め込みマップの赤いピンの箇所が、サンズ・スカイパークの入口です。

マリーナベイサンズSKYPARKの案内サイン

マリーナ・ベイ・サンズのレセプション付近の出入り口の上に「←SKYPARK」という案内表示があります。

小さすぎて誰も気づかないのではないか!

マリーナベイサンズSKYPARK入り口

このエスカレーターを降りると、チケット売場があります。

サンズ・スカイパークの料金

サンズ・スカイパークの料金は、以下の通りです。

サンズ・スカイパークの入場料 一般チケット 2~12歳 65歳以上 2才未満
S$23 S$17 S$20 無料

チケットはクレジットカード支払いも可能です。

なお、シンガポール航空に搭乗して旅行される方は「シンガポール航空搭乗券特典」により15%の割引が受けられます(2016年9月30日まで)。

それでは、エレベーターで一気に57階へと向かいます。

サンズ・スカイパーク展望台

マリーナベイサンズSKYPARK

高さ約200m、57階のサンズ・スカイパークに到着しました。

マリーナベイサンズから見るガーデンズバイザベイの景色 マリーナベイサンズから見るガーデンズバイザベイの景色

東には先程訪れたガーデンズ・バイ・ザ・ベイやマリーナ・バラージ(ダム)を一望できます。

午前11時30分のお昼時でしたが、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの中心にある屋上レストラン「スーパーツリー・バイ・インドシン」の屋上テラス席には誰も人がいません。

奥の洋上には多数の船舶を確認できます。

マリーナベイサンズSKYAPARKから北側を望む マリーナベイサンズSKYPARKから見えるマンダリンオリエンタル

北側の景色には、マンダリン・オリエンタルや、リッツ・カールトン・ミレニア、パン・パシフィックなどの高級ホテル群が見えます。

マリーナベイサンズSKYPARK日本語説明キャプション

景色に見える建物や施設の説明キャプションは、英語や中国語だけでなく日本語や韓国語もあります。

マリーナベイサンズSKYPARKから西側を望む

こちらはマリーナ湾(Marina Bay)が見渡せる西側エリア。

オフィス街やフルトンホテル、そして小さくてほとんど見えないですがマーライオンも。

サンズ・スカイパークから見える工業地帯 マリーナベイサンズ屋上プール

上の写真が全長約150メートル、宿泊者しか入れない屋上プール「インフィニティ・プール」です。

プール内はたくさんの人で賑わっています。

船舶の形状をした屋上部分が「弧を描く形」になっていることが分かります。

展望デッキでは、レストランやお土産ショップも併設されています。

 

マリーナ・ベイ・サンズの場所・行き方・アクセス

地下鉄MRTの最寄駅はベイフロント駅

マリーナ・ベイ・サンズは、地下鉄MRTのベイフロント駅 (CE1、出口B、C、D、E)に直結しています。

ベイフロント駅の通る路線は、黄色の「サークルライン」青色の「ダウンタウンライン」です。

水上タクシーでもアクセス可能

IMG_4531b

マリーナ・ベイ・サンズへは、シンガポール観光の名物でもある水上タクシー(リバーバス)でもアクセス可能です。

「リバークルーズ社」と「リバーエクスプローラ社」の2社運航しています。

運航会社 リバークルーズ リバーエクスプローラ
運賃 リバーバスS3$ 片道S4$、1日フリーパスS15$
営業時間 10:00~22:00(最終21:00発) 7:00~22:00
運航スケジュール 10~20分間隔 10~20分間隔
チケット売り場
  1. ベイフロント駅南(MBS南)
  2. マーライオン
  3. エスプラネード
  4. プロムナード
  5. クラーク埠頭
  6. ボート埠頭(埠頭番号59)
  7. フラトン
シンガポールエクスプローラの各桟橋

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイからは徒歩約10分

人工の植物園ガーデンズ・バイ・ザ・ベイもベイフロント駅が最寄りなので、セットで観光すると時間効率が良くておすすめです。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイからは徒歩で約10分です。

 

サンズ・スカイパークの営業時間・料金などの基本情報

場所 ホテルタワー3の外
電話番号 (65)6688-8826
交通 MRT「Bayfront駅」からすぐ
営業時間 9:30~22:00(金~日曜は~23:00)、入場は各30分前まで
休業日 無休
料金 大人:S$23、子供(2~12歳)S$17、シニア(65歳以上):S$20

旅のつづきはこちら

ラオパサ・フェスティバル・マーケットのフライドホッケンミーホッケンミー(ラオパサ)は庶民的かつクセになる味|シンガポールのホーカー
シンガポールには、ストールと呼ばれる屋台が集まる場所「ホーカー(Hawker)」があります。 ホーカーでは、シンガポール名物である...
パームビーチのチリクラブパームビーチの絶品「チリクラブ」をいただきます【シンガポール】
マリーナ湾の西側沿い、ワンフラトンには、レストランのテラス席が並んでいます。 その中の一角に、シンガポール名物のチリクラブを...
banner38
マリーナベイサンズSKYPARKから西側を望む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA