ユニオンバンク(Union Bank)の口座開設から送金まで

ユニオンバンク 口座開設書類

海外から「米ドル建てで送金」してもらう予定の案件がいくつかあります。一見何も問題がなさそうですが、実は問題あり!

というのも、相手方が「Routing Number」というアメリカの銀行コードを教えてほしい、と言ってきているのですが、日本の銀行には「Routing Number」が設定されていないんですね。

PayPalでの送金も不可!とのこと。つまり、Routing Numberのあるアメリカの銀行口座を開設するまでは、入金されないままです。そのため、Routing Numberのある、アメリカの銀行口座を作ることにしました。

今回はアメリカの銀行「ユニオンバンク(Union Bank)」の簡単な概要および、口座開設から送金に至るまでの流れをご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

カリフォルニアアカウント・プログラム

三菱東京UFJ銀行の口座があれば開設できる

アメリカの銀行口座を作成するには、

  • アメリカに行く必要がある
  • 英語での手続きが必要

などの高いハードルが…。

ハワイに行き、現地の銀行の口座開設をされる方もいるみたいですが、ハワイに行く予定もなし!

他に良い方法がないか?調べてみたところ、三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下に、ユニオン・バンク(Union Bank)という米国の銀行があるということがわかりました。

そして、三菱東京UFJ銀行では、ユニオンバンクの口座開設をサポートする「カリフォルニアアカウント・プログラム」があり、ユニオンバンクの口座開設、いわば「仲介」をしてくれます。そのため、日本にいながらにしてアメリカの銀行口座を開設できるということですね。

口座開設の条件は、「三菱東京UFJの口座を保有していること」。申し込み時に三菱東京UFJ銀行の店番や口座番号が必要となります。三菱東京UFJ銀行の口座を持っていない場合は、早めに口座開設をしておきましょう!

口座開設の手続きそのものは無料で、費用がかかることはありません。

 

ユニオンバンクの口座は2種類「セービングスアカウント」「チェッキングアカウント」

ユニオンバンクに限らず、アメリカ合衆国の銀行は、銀行口座が2種類あります。

  • セービングスアカウント ⇒ 貯蓄用の口座
  • チェッキングアカウント ⇒ 決済用の口座

日本の銀行に例えると、普通預金口座の役割を持つのが、セービングアカウントです。

一方、日本でいう当座預金の役割を持つのが、チェッキングアカウントとなります。アメリカでは家賃の支払いや公共料金の支払いに小切手で決済することが多く、アメリカで生活する場合は個人小切手の発行をするのに不可欠です。また、デビットカードで決済する場合にもチェッキングアカウントが必要となります。

今回は「海外からの送金(Routing Numberのある銀行口座の開設)」が目的なので、わたしの目的を達成するには、セービングスアカウントのみを口座開設していきます。

 

ユニオンバンクのATM・キャッシュカード

ユニオンバンクのATMは、米国のカリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州内にある600台以上のATMと、提携ATM170万台で出金可能です。具体的には、Union Bank ATMCirrusSTARMasterCard、およびMaestroマークのついた世界中のATMで、現地通貨での引き出しができます。

ATMのキャッシュカードを発行する場合は、口座開設時に記入する書類のチェックボックスにチェックを入れればOK。

ATMカードは「口座開設完了のご連絡」到着後、別途送られてきます。

 

ユニオンバンクの口座維持手数料

アメリカの銀行には、日本では聞き慣れない「口座維持手数料」という料金があります。口座を維持するためにかかる手数料ですね。日本ではまず考えられない!

しかし、銀行が定める「預金残高のデポジット」の水準を満たすと無料になることが多く、ユニオンバンクもそのようなシステムになっています。

銀行は顧客から集めた預金を企業や個人に融資しているので、「お金を預けない口座はいらない!」ということなのでしょう。ちなみに、ユニオンバンクでは、口座開設後60日以上入金がない場合、口座が凍結・解約されます。

最新の情報はカリフォルニア・プログラムの公式ウェブサイトでご確認いただければと思いますが、投稿日時点での

  • 初回預入金額
  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料

を残しておきます。

セービングスアカウントの口座維持手数料

初回預入金額 0米ドル

米ドル口座の開設日から60日以上入金せず、口座残高が0米ドルのままの場合、口座解約。

口座開設手数料 無料(0米ドル)
口座維持手数料
  • 4米ドル/月

口座残高が300米ドル以上の場合、または毎月少なくとも1回、25米ドル以上の入金をした場合は無料。

上記の場合、セービングスアカウントの口座を手数料なしで維持するには、

  • 口座開設日から59日以内に入金
  • 口座残高を300米ドル入金

していればOKですね。口座残高のハードルが低いので安心。

チェッキングスアカウントの口座維持手数料

初回預入金額 100米ドル

米ドル口座の開設日から60日以上入金せず、口座残高が0米ドルのままの場合、口座解約。

口座開設手数料 無料(0米ドル)
口座維持手数料
  • 8米ドル(残高明細をオンラインで受け取る場合)
  • 10米ドル(残高明細を郵送で受け取る場合)

毎月の残高明細書対象期間中、以下のいずれかに該当する場合は無料。

  • 毎月、口座に一回の入金が250米ドル以上の給与振込
  • モバイルバンキングによる500米ドル以上の小切手入金
  • 月間平均残高が1,500米ドル以上
  • 他の関連預金口座との合計月間残高が5,000米ドル以上

チェッキングアカウントの口座を手数料なしで維持するのに一番の近道は、「月間の平均残高が1,500米ドル以上」でしょうか。最初に1,500米ドル以上の入金さえしておけば、毎月の口座維持手数料はかかりません。

ただし、使う予定もない口座のために1,500米ドル入金しておくのももったいないので、今回わたしは開設しません。

今後、アメリカに住む予定があるのであればチェッキングアカウントも併せて口座開設した方がよいのでしょうが、今のところまったく予定なし。

ということで、わたしはセービングスアカウントのみを口座開設することにしたいと思います。

スポンサーリンク

 

ユニオンバンクの口座開設・米ドル送金の流れ

口座開設書類を入手

今回、カリフォルニアアカウント・プログラムを利用して口座開設・ユニオンバンクの口座に米ドルの送金をしてみたので、全体の流れ・スケジュールをご紹介していきます。

はじめに、資料請求をして郵送専用の申込書を入手します。急ぎの場合はPDFをダウンロードして印刷することもできるみたいですが、紙の資料も手元に残しておきたいので、前者の郵送申し込みを選択しました。

ユニオンバンク 口座開設書類
  • 三菱東京UFJ銀行への「取次依頼書」
  • ユニオンバンクへの「預金口座開設申込書」

を記入。

一部英語の書類もありますが、記入例がすべて添付されているので簡単です。普通に記入していけば、15分程度で書類記入が終わります。

加えて、本人確認書類のコピーを同封します。本人確認書類は、以下のうちの2つです。

  1. 日本国の運転免許証(住所変更などがある場合は裏面も)
  2. パスポート(顔写真のページと、所持人記入欄のページ)
  3. 住民基本台帳カード(写真付き)
  4. 個人番号カード(表面のみ)
  5. 運転経歴証明書
  6. 在留カード・特別永住者証明書
  7. クレジットカード(VISA、Master Card、American Express、DISCOVER、JCB、Diners Clubのいずれか、家族カード・法人カード・コーポレートカード不可)
  8. 健康保険証(裏面に住所等の記載がある場合は、裏面も)

運転免許証・パスポート・健康保険証あたりが無難ですね。

ここでひとつ注意すべき点があります。

「三菱東京UFJ銀行口座に登録している住所」と、今回「ユニオンバンクに登録する住所」は同じ住所である必要があります。三菱東京UFJ銀行の住所変更が済んでいない場合は、銀行の住所変更をしてください。住所変更は三菱東京UFJダイレクト(オンラインバンク)でも行えます。

わたしは銀行口座の住所が旧住所だったために、住所変更の手続き+申込書類の返送などで+1時間余計に時間がかかりました。

口座開設完了の通知

DSC00919b

口座開設の書類を投函してから「口座開設完了のご連絡」という書類が届きます。この時点で口座番号(Account Number)が把握できるようになり、口座への送金も可能です。

ATMキャッシュカードの到着

DSC01079b

上記の「口座開設完了のご連絡」とは別に、

  • ATMカード
  • 暗証番号(PIN)
  • ウェルカムキット

がそれぞれ別の封筒届くので、保管しておきましょう。

参考までに、ユニオンバンクの諸々の項目を残しておきます。今後、送金手続きに必要になる項目です。

  • Bank name:Union Bank
  • Branch name:Japanese Customer Service Unit
  • Branch address:3151 East Imperial HWY
  • City:Brea
  • Postcode/ZIP:92821
  • State/Province:CA( California)
  • Country:United States of America
  • Swift/BIC Code:BOFCUS33MPK
  • US routing number:122000496

オンラインバンクの開設

オンラインバンクの開設は、フリーダイヤル(日本国からの場合、00531-11-4864)で日本人スタッフの方の案内を受けながらネット上で入力して行います。

この時に、口座番号とATMカード、暗証番号(PIN)が必要となるため、口座開設後に届くのを待ってからオンラインバンクの開設に移ります。

オンラインバンク開設の所要時間は、15分程度で完了しました。

一点だけオンラインバンク開設時の注意点を残しておくと、ユニオンバンクが用意した100個の質問の中から「3つ」選択肢の答えを登録する必要があります。「高校の時の恩師の苗字は?」「好きなスポーツチームは?」みたいなものです。

質問は英語で記載されているので、時間がかかります。窓口の方は10分ぐらい待っていてくれましたが、スムーズに進めるなら、Google翻訳などのブラウザを同時に立ち上げておくとよいかと思います。

送金手続き

ユニオンバンクへの送金は、都市銀行からネット銀行まで対応していますね。

既に保有していた楽天銀行の海外送金手数料が格安!ということで検討しましたが、あらゆる面で面倒で、かつ細かな問題が発生する(ここで書くと長くなるので割愛)ため、確実制とスピードを重視するため、みずほ銀行の窓口から送金しました。

セービングアカウントの場合は、口座残高が300米ドルを下回ると口座維持手数料が発生するため、ひとまず、最低でも300米ドルは入金しておきたい。

この時、ドル円TTSは101円。みずほ銀行の送金書に$500と記入したところ、最終的にみずほ銀行からは56,485円(送金金額$500+外貨両替手数料1,000円)が引かれます。3営業日後に$500がユニオンバンクに着金したあと、同時に着金手数料WIRE TRAN FEES$15が差し引かれ、最終的に$485の口座残高となりました。

今回の流れをまとめると、以下の通りです。

  • 7/8 みずほ銀行で$500送金手続き(みずほ銀行の口座からから送金した$500と、外貨両替手数料1,000円が引かれる)
  • 7/11 ユニオンバンクの口座に$500着金。同時に、着金手数料WIRE TRAN FEES$15が差し引かれ、口座残高は$485に

 

日本国内のATMで「日本円」で引き出し

DSC01422c

ユニオンバンクの預金口座(セービングアカウント)はUSドルで運用しています。

ただ、「今すぐに日本国内で円貨で引き出ししたい」というケースが今後出てくる可能性もありますね。先述の通り、Union Bank ATMCirrusSTARMasterCard、およびMaestroマークのついた世界中のATMでは、「現地通貨での引き出し」ができます。つまり、日本国内では日本円で出金できるということです。

自宅近くのゆうちょ銀行ATMに行ったところ、「インターナショナルATMサービス(International ATM Service)」の提携マークの中に、「Cirrus」「MasterCard」「Maestro」のロゴマークを発見しましたので、円貨で引き出ししてみました。

出金したい日本円額を入力し、ユニオンバンクの暗証番号(PIN)を入力すると、手続きは即完了。すぐに円貨での引き出しができました。

ATM手数料は5ドルです。

スポンサーリンク

 

まとめ

ユニオンバンクの口座開設を機に、「ほったらかし米ドル預金」を始めてみます。

ポートフォリオの米ドルの比率を増やしていきたいというのもありますし、アメリカやハワイに行くときの現地での旅行資金としても使えます。

アメリカ本土やハワイに旅行する時、その都度円から米ドルに換金すると「スプレッド」分がもったいないので、ユニオンバンクで米ドルをどんどん貯蓄して、米ドルで引き出せる口座にしておきたいと思います。

アメリカの銀行口座を開設しようとされている方の参考になれば嬉しいです。

ユニオンバンク 口座開設書類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA