引越しの挨拶はどこまで?午前中はNG!戸建・マンションの場合

bonjour-869208_640

わたしaokitradeが不動産売買の営業時代、不動産売買契約後、住宅ローンの金銭消費貸借契約も終わり、そろそろお引渡し…というタイミングでよく相談を受けたのが「引越しの挨拶ってどこまですればよいですか?」という質問でした。

戸建やマンションを購入した場合、賃貸住まいとはちがい、ご近所さんとは今後「相当長いお付き合い」となりますので、引越しの挨拶というのは重要なイベントとなります。

今回は「引越しの挨拶」について書いていきます。

スポンサーリンク

 

挨拶は”どこまで”すべきか?

まずはじめに、引越しのご挨拶は”どこまで”すべきか?ということです。こういうのって考えるの面倒くさいですよねー。

これは、戸建とマンション分けて考えましょう。

戸建の場合

戸建の場合、両隣とお向かい3件に挨拶をするのが最低限の基本です。

あとは、ケースバイケース。自身が購入した土地の地型が「路地状敷地(敷地延長、旗竿ともいう)」の場合であれば、周りを囲んでいる住宅にはすべて挨拶に行った方が良いでしょうし、購入した土地の地型が角地や両面道路の場合であればお向かいになる家が増えるため、その分挨拶に行く家が増え、場合によっては9件10件挨拶に行く…ということもありえます。

また、戸建の場合は地域の自治会長さんや、班長さんにも挨拶に行くことをおすすめします。戸建ての場合は「班ごと」にゴミ置き場の場所が決まっていることが多いですし、ゴミ置き場の掃除当番も輪番制になることが多いんですよね。

しかし、最近は個人情報が厳しいので、役所に自治会長さんの自宅を聞いても教えてくれないことが多々あります。その場合は不動産業者の営業さん経由で売主さんに聞いたり、お隣さんに挨拶に行った際にさらっと聞いたりしておくとよいかと思います。

マンションの場合

マンションの場合は、両隣と上下階に挨拶をするのが最低限の基本です。

あとはこれも戸建同様にケースバイケースですね。タワーマンションなどで1フロアに4戸しかない場合などは、すべて行ってしまった方がよいかと思いますし。

その他、分譲マンションの場合は管理組合の理事長さんにも挨拶に行った方がベターですね。マンションの管理人さんや管理会社に聞けば教えてくれます。

 

挨拶の「粗品」はなにがよいか?

消耗品(残らないもの)がベターです

挨拶時に持っていく品物は1,000円以下で「残らないもの=消耗品」がベターです。

例えば、ハンドタオルやちょっと高めのティッシュボックス(鼻セレブとか)、アルミホイルやサランラップなど。ちなみに、わたしがお客さんに質問を受けた時は「鼻セレブ」を推してました。普段自分であんまり買わなくないですか?だけど、もらったらちょっと嬉しい。

 

一方、コップとかスプーン・フォークとか、そういった「残るもの」は避けた方がよいです。何か「念」が宿ってそうでちょっと怖いですからね。好みじゃないデザインのものをもらっても困るし、捨てられないし…捨てたところを見られたら逆に気まずいし。

お菓子などの食べ物は避けましょう

また、消耗品とはいえ、お菓子などの「食べ物系」は避けた方がよいですね。受けとる方の好みもありますし、食品アレルギーの関係で、せっかく渡しても食べてもらえない可能性もあります。変に苦手なものをもらってしまって、食べずに放置…数か月後に捨てる…となっても、それはそれでまた捨ててあるのを見られるのも気まずい。

変にこだわったところを見せるよりも、無難な消耗品で済ませてしまうのが一番です。

 

挨拶は「いつ」「何時頃」がよいか?

引越し当日がベスト

引越しの挨拶は引越し当日がベスト。引越し作業に入る前に挨拶出来れば一番良いですね。

ただし、お隣さんもご不在の場合もあるでしょうから、その時は日を改めてでよいと思います。

午前中は避ける!

また、挨拶の時間帯は、午前中と夜を避けた時間帯、つまりお昼過ぎから夕方ぐらいまでの時間帯がベターです。これはわたしが不動産売買の営業時代に気を付けていたことですが、午前中(特に朝の早い時間帯)にいきなり訪問すると、奥さまがお化粧を準備していない可能性があります。アポ取りが出来ている上での午前中訪問あればよいと思いますが、引越しのご挨拶で「事前のアポ取り」はしないので、どうしても飛び込み訪問になってしまいます。

お隣の奥さまとしては、今後長い付き合いとなる相手に「いきなりすっぴん姿で会いたくない」でしょうから、そこら辺は挨拶に行く側も気を遣ってあげるとよいと思いますね。

 

まとめ

繰り返しになりますが、戸建やマンションを購入した場合、ご近所さんとは今後長いお付き合いとなりますので、「引越しの挨拶」は重要なイベントですね。

マンションの場合は、大規模物件でない限り、あまり隣人と接触する機会というのはないと思いますが、戸建の場合、結構な頻度でお隣さんとお話したりする機会がありますし、話が広がるのも早いです。気負う必要はありませんが、変にイレギュラーなことはせず、しっかりと準備して臨みましょう~。

賢く引越し費用を節約!HOME’S一括見積もり

なお、引越し業者の選定がまだの方は、不動産ポータルサイト「HOME’S」で引越し一括お見積りが出来ます。ホームズは以前はバナナマン、今は嵐の二宮クンがCMに出ている大手不動産ポータルサイトです。

▼ HOME’S 引越し一括お見積り(無料) ▼

HOME’S 引越し

bonjour-869208_640

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA