イオン銀行の住宅ローン 審査方法・金利・デメリットまとめ

aeonbank02

【更新日:2016年10月1日】

国内流通首位のイオン。傘下に金融機関のイオン銀行があり、住宅ローンのサービスを展開しています。

ここでは、イオン銀行の住宅ローンの詳細や他行と比較した際のデメリット、審査の方法や金利についてまとめていきます。

スポンサーリンク

 

イオン銀行とは

イオン銀行は、東証一部上場イオン[8267]の総合金融事業を担う、イオンフィナンシャルサービス(株)が運営する銀行です。

イオンフィナンシャルサービスは、クレジットカード事業、銀行業、フィービジネス(電子マネーWAONほか)を軸に展開しています。

銀行業の主軸となるイオン銀行では、住宅ローンをはじめとした各種ローンや、投信や保険などの金融商品を用意しています。

特にイオン銀行の住宅ローンは「低金利+独自のサービス」となっており、イオンユーザーの人気を博します。

 

イオン銀行 住宅ローンのメリット

低金利の変動金利 住宅ローン

イオン銀行の魅力のひとつが、低金利という点でしょう。住宅ローン比較で最も重要な点となるのが、「金利」ですね。

ここでは、2016年8月実行分の「イオン銀行 住宅ローン 全期間引き下げ 変動金利」と、他行の金利を比較してみたいと思います。

銀行 住宅ローン 変動金利比較(平成28年10月実行金利
金融機関 変動金利 保証料 事務手数料
イオン銀行 0.570% 0円 2.16%
じぶん銀行 0.497% 0円 2.16%
住信SBIネット銀行 0.497% 0円 2.16%
ソニー銀行(変動金利セレクト) 0.549%※1 0円 2.16%
楽天銀行 0.510% 0円 324,000円

※1 ソニー銀行(変動金利セレクト)の場合、自己資金10%以上の場合、0.499%に優遇されます。

変動金利で比較した場合、イオン銀行の住宅ローンよりもじぶん銀行住信SBIネット銀行の住宅ローンの方が低金利ということになります。

イオングループでの買い物が毎日5% OFF

aeonbank01

イオン銀行の住宅ローンを借り入れすると、住宅ローン加入者の限定特典「イオンセレクトクラブ」に加入できます。

イオンセレクトクラブに加入すると、【お買い物5%割引特典】の適用により、イオングループでの買い物が5%割引に。

イオンだけでなく、イオンスーパーセンターやマックスバリュ、まいばすけっと、ネットショップのおうちでイオン イオンショップiconでも割引となります。

お買い物5%割引特典の有効期間は5年間です。詳細は、公式サイトでご確認ください。

購入したマンションや一戸建ての近くにイオングループのスーパーがある場合、利用価値が高いですね。実質、生活費が5%OFFになることを意味します。

【お買い物5%割引特典の上限金額について】

  • 当初の借り入れ金額:1,000万円以上2,000万円未満:年間最大割引対象金額45万円
  • 当初の借り入れ金額:2,000万円以上2:年間最大割引対象金額90万円

5%という数字だけではイメージしにくいため、ざっくりとシミュレーションを残しておきしょう。たとえば、住宅ローンの借入金額が2,000万円の場合、割引特典は以下のようになります。

イオングループお買い物額(年間) 割引額(年間)
10万円 5,000円
20万円 10,000円
30万円 15,000円
40万円 20,000円
50万円 25,000円
60万円 30,000円
70万円 35,000円
80万円 40,000円
90万円 45,000円
100万円 45,000円

イオン銀行で2,000万円以上の住宅ローンを組んだ場合、「年間45,000円の割引×5年間=最大225,000円の割引」、2,000万円未満の住宅ローンを組んだ場合、「年間22,500円の割引×5年間=最大112,500円の割引」となります。

土・日・祝を含めた365日「対面」で相談できる

イオン銀行では、ショッピングセンターの営業時間に合わせて、土・日・祝含めた365日対面で住宅ローンの相談が可能です。

都市銀行(みずほ、三菱、三井住友、りそな)の住宅ローンを相談する場合、実店舗があるため対面で相談できますが、基本は平日のみですよね。

イオン銀行では土・日・祝まで住宅ローンについて相談できるので、土日休みで忙しい方にも、安心といえます。

保証料が無料

イオン銀行の住宅ローンは保証料が無料です。ただし、住宅ローン事務手数料はしっかり取られるので、本当にメリットか?といえるとそうでもないです。

住宅ローン関連の諸費用には、

  • 保証料
  • 事務手数料
  • 住宅ローン契約に係る印紙税

がありますが、「保証料無料!」と謳っている金融機関は、結局事務手数料で帳尻を合わせています。

詳しくは、デメリットの部分でご紹介します。

 

イオン銀行住宅ローンのデメリット

金利と保障のバランスを見ると、若干弱い

イオン銀行の住宅ローンは、金利面においてじぶん銀行住信SBIネット銀行に劣ることは否めないでしょう。

さらに、保障面においても、じぶん銀行はがん50%保障団信、住信SBIネット銀行には8大疾病保障団信が無料付帯となっています。

一方、イオン銀行の場合、8大疾病保障付き団信は支払い金利に+0.3%、ガン保障付き団信は支払い金利に0.1%の費用が別途かかります。

いくら手厚い特約が団信に付帯されているとはいえ、有料では意味がない。なぜなら?無料付帯の住宅ローンに勝てるはずもないうえに、既存に加入している保険でまかなえる可能性があるからです。

住宅ローン諸費用が安いかというとそうでもない

先述の通り、住宅ローン関連の諸費用には、住宅ローンの保証会社に支払う保証料、借り入れ金融機関に支払う事務手数料、日本国に支払う金銭消費貸借契約書の印紙代があります。

ただし、この点についてはカラクリがあります。大抵、「保証料が無料!」というケースは、事務手数料でその分(保証料に相当する金額)を取られています。逆に、「事務手数料が無料!」というケースは、保証料でその分(事務手数料)を取られています。

イオン銀行の住宅ローンは、保証料が無料なものの、事務手数料は借入額の2.16%かかります。

 

イオン銀行の審査スケジュール

イオン銀行で住宅ローンを借り入れする場合の、審査スケジュールをまとめておきます。

  1. 住宅ローン事前審査(≒仮審査):3日〜7日
  2. (不動産売買契約、建物請負契約)
  3. 住宅ローン本審査(≒正式審査):2〜3週間
  4. 住宅ローン契約
  5. 残金決済・引渡し

イオン銀行の住宅ローンのスケジューリングは一般的なスケジューリングです。

イオン銀行の住宅ローンを検討されている方は、はじめにイオン銀行の住宅ローン事前審査の手続きに移ります。事前審査の手続きは公式サイトから行い、10分程度で完了します。

イオン銀行の住宅ローン事前審査はこちら

 

まとめ

イオン銀行の住宅ローンは、低金利+お買い物割引が魅力です。

住宅ローンの金利や保障のみを重視するならば、じぶん銀行住信SBIネット銀行の住宅ローンを検討しみてみるのも手ですが、イオンのスーパーで買い物をされる方は、イオン銀行の住宅ローンを検討するのもひとつの手でしょう。

また、イオン銀行は対面窓口があるため、今後も融資についての相談ができる安心感は、他のネット銀行にはない魅力といえますね。

  イオン銀行の住宅ローン

aeonbank02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA