キリンホールディングス[2503]の株主優待。カタログからビールも選択できます

キリンホールディングスの株主優待
DSC02897b

ビール類の国内シェア争いが激しくなっています。

かつての雄、キリンホールディングス[2503]は、ライバルのアサヒホールディングス[2502]に時価総額で抜かれてしまいましたが、2015年3月にキリンビール社長の磯崎功典氏がキリンホールディングス[2503]の社長に変わってからは、息を吹き返しつつあります。

キリンホールディングス[2503]は株主優待制度を実施しており、2014年4月1日より売買単位を1,000株から100株単位に変更したことに伴い、2014年12月期より100株保有の株主優待が新設されました。

この記事では、キリンホールディングスの株主優待贈呈基準、株主優待カタログの内容、実際にもらったものを写真を交えてご紹介します。

スポンサーリンク

 

株主優待贈呈基準は100株以上(年1回/12月)

キリンホールディングス[2503]の株主優待(権利確定月:年1回/12月)
100株以上 1,000円相当のコース選択
1,000株以上 3,000円相当のコース選択

東証一部に上場のキリンホールディングス[2503]は、決算月が12月、株主優待は年1回で、権利確定月は12月です。12月の株主優待で自社商品というと、他にはカゴメ[2811]がありますね。

翌年3月に届く株主優待カタログから、希望商品を選び返送します。選択した商品によって異なりますが、わたしの場合は翌年5月下旬に商品が届きました。

 

株主優待品カタログの内容(2014年12月期分)

最近はカタログから選べる株主優待が人気ですね。健康コーポレーション[2928]ファンケル[4921]がそうです。キリンホールディングス[2503]も株主優待カタログから、好みのコースを選択できます。

中には、株主優待ではめずらしいサッカー関連グッズ(サッカー日本代表応援グッズ)もあります。サッカーファンの方はキリンホールディングス[2503]への株式投資を通じて応援していくという方法もありますね。

100株以上保有の株主優待

100株以上保有の株主優待
A-1 酒類の詰め合わせ(合計6本)
A-2 一番搾り プレミアム3本セット
A-3 清涼飲料の詰め合わせ(合計7本)
A-4 (なし)
A-5 キリンシティお食事券1,000円相当(500円券×2枚)
A-6 サッカー日本代表応援グッズマフラータオル(株主様限定オリジナルデザイン)
A-7 公益財団法人交通遺児等育成基金へ1,000円を寄付
A-8 不要

1,000株以上保有の株主優待

1,000株以上保有の株主優待
B-1 酒類・ノンアルコール飲料の詰め合わせ(合計18本)
B-2 一番搾り プレミアムギフトセット(11本)
B-3 清涼飲料の詰め合わせ(合計18本)
B-4 セント・ハレット 赤・白(各1本 合計2本)
B-5 キリンシティお食事券3,000円相当(500円券×6枚)
B-6 サッカー日本代表応援グッズマフラータオル+Tシャツ(株主様限定オリジナルデザイン)
B-7 公益財団法人交通遺児等育成基金へ3,000円を寄付
B-8 不要

 

キリンホールディングス[2503]の株主優待品

キリンホールディングス[2503]の株主優待で、過去にもらった商品をご紹介します。今後もらったものについても、このページに追加していく予定です。

2014年12月権利確定分

キリンホールディングスの株主優待

前回の2014年12月期では、「一番搾りプレミアム」3本セットを選びました。

  • 極上の一番搾り麦汁だけを使用
  • ブラウマイスター 黒杭隆政 責任監修
  • 秋田県大雄産「かいこがね」の第一等品ホップを贅沢に使用
  • ひと手間加えた製法を採用
  • プレミアム感のあるパッケージ

「一番搾りプレミアム」は株主限定醸造ではなく、2014年6月より発売されたギフト限定ビールです。他方、国内ビール首位をキープしているアサヒグループホールディングス[2502]の株主優待は、株主限定醸造のビール(非売品)のようですね。

DSC02922b

プレミアム感を感じる、美味しいビールでした。

 

キリンホールディングス[2503]連結業績

連結業績状況

キリンホールディングス[2503]連結業績状況(単位:百万円)
決算期 売上高 営業利益 経常利益 当期利益
2014/12 2,195,795 114,549 94,211 32,392
2013/12 2,254,585 142,818 132,134 85,656
2012/12 2,186,177 153,022 138,452 56,198

キリンホールディングス[2503]の経常利益は年々右肩下がりで、2014年12月期は前期比28.7%減です。

そもそも、ビール業界全体の売上高そのものが2010年以降減少傾向にあるうえに、昨年は少なくなったパイの中で、アサヒ・サッポロ・サントリーにシェアを奪われ、散々といった状況です。

しかし、2015年12月期の6月中間連結決算では、売上高10,702億円(前年同期比1.3%)、営業利益579億円(前年同期比15.3%)、最終利益331億円(前年同期比135.9%)。主力であるビール「一番搾り」は業界で唯一上半期出荷量が伸長。同時に、果汁系チューハイ(本搾りチューハイがヒット)でもシェアトップを目指すべく力を入れています。

連結キャッシュ・フロー

キリンホールディングス[2503]連結キャッシュ・フローの状況(単位:百万円)
決算期 営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
2014/12 155,247 ▲139,397 ▲80,701 15,850
2013/12 205,517 85,526 ▲272,357 291,043
2012/12 212,061 ▲48,379 ▲160,008 163,682

営業CF・フリーCF共に、減少傾向です。

事業セグメント別 売上高・構成比

キリンホールディングス[2503]2014年12月期 事業セグメント別 売上高・構成比(単位:億円)
事業セグメント 売上高 構成比 主な会社
日本綜合飲料事業 11,529 52.5% キリンビール(株)、メルシャン(株)、キリンビバレッジ(株)
海外総合飲料事業 6,931 31.6% ライオン社、ブラジルキリン社
医療・バイオケミカル事業 3,251 14.8% 協和発酵キリン(株)
その他事業 245 1.1% 小岩井乳業(株)

キリンホールディングス[2503]の主力はキリンビールやキリンビバレッジなどを扱う「日本綜合飲料事業」です。売上高の構成比は52.5%となります。

意外や意外(?)にも、オーストラリアやブラジルを中心とした「海外綜合飲料事業」が売上高の31.6%を占めています。今後もこの比率は注目してみていきたいところです。

 

キリンホールディングス[2503]の配当金推移

キリンホールディングスの配当金計算書
キリンホールディングス[2503]1株あたり配当金推移(単位:円)
決算期 年間 中間 期末 配当性向
2014/12 38.0 19.0 19.0 107.8%
2013/12 36.0 18.0 18.0 39.7%
2012/12 29.0 13.5 15.5 49.6%
2011/12 27.0 13.5 13.5 350.6%
2010/12 25.0 11.5 11.5 44.6%

キリンホールディングス[2503]は1907年の創業以来、毎期欠かさずに配当を継続しています。2007年以降、連結配当性向30%以上を指標とし、株主に対する利益還元を行っています。

業績の悪い時は、配当性向が100%を超えている年もありますが、良い時も悪い時も、安定して配当金をいただけるのは嬉しいですね。

 

キリンホールディングス[2503]の株価チャート

直近チャート(10年)

2503chart10y

直近チャート(2年)

2503chart2y

キリンホールディングス[2503の上場来高値は、なんとバブル崩壊前の1987年5月6日に付けた3,170円です。現在は2008年のリーマンショック前高値超えにチャレンジ中。

 

まとめ

今後も、株式をホールドしつつ、キリンのビールを片手に応援していきたいと思います。

キユーピー株主優待の箱キューピーでなくキユーピー[2809]の株主優待。過去の優待品もご紹介します
マヨネーズ・ドレッシングで国内首位の食料品会社キューピー…でなく、キユーピー[2809]から株主優待が届きました。 Googleの検索ワ...
kabucom01おすすめの証券会社・FX会社です。口座開設キャンペーン実施の証券会社もあります
いざ「株を始めてみよう」となった時に、まずはじめに壁となるのが「どこの証券会社を口座開設するか?」ということですよね。わたしの...
キリンホールディングスの株主優待

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA